男性がついつい「気になる女性」に聞いてしまうこと

男性がついつい「気になる女性」に聞いてしまうこと

男性は、気になる女性に対して、あることを尋ねてしまう傾向にあるのだとか!


もしそれを知っていれば、「この人もしかして私のこと……」と気づいたり、気になる男性の脈ありサインをキャッチできますよね。


男性が気になる女性に聞きたがる質問には“これから先”を考えた話題が多いようです。


事前にチェックしておけば、彼の気持ちにいち早く気づけるかもしれません。



彼氏or好きな人がいないかどうか


まずはなんといってもコレ!相手の女性のことを「好き」とはまではいかなくても、「かわいいな」「仲良くなりたいな」と思ったときに、聞いてしまう質問です。


いくら可愛い子でも、彼氏がいたらその子の特別な存在になれる可能性は低いので、そのつもりで接するという男性も多いもの。


今後の関係を見据えてどういうふうに仲良くなっていけばいいのかを見定めるため、ストレートに「彼氏いるの?」なんて聞いてしまう男性も少なくないようです。


休日の過ごし方


休日は好きなことや、やりたいことをして過ごす人が多いですよね。


つまり、休日の過ごし方を知ることができれば、おのずと相手の好みも見えてきます。


リラックスしたいタイプなのか、それともパーッとはしゃぐのが好きなのか。出かけるときはどんなところに行くことが多いのか……など。


こういった情報は、のちのちプレゼントしたり、デートに誘ったりするときの参考にもなるため、できるだけ多くの情報が欲しいと男性も思っているはず。


こうした話題を振られたら、期待してもいいかもしれません。


好きな・嫌いな芸能人やバンド


一般的な友達同士でも交わす話題ですが、気になる女性にも、やはり聞いてみたい話題のひとつ。


芸能人やバンドの好みは、その人の感じ方や感性といった、言葉で説明できない部分を知る材料にもなります。


「ああ~、そういう感じが好きなんだ」というような、インスピレーションに近い感覚を共有することができます。


筆者が思うに、好き・嫌いな芸能人やバンドがわかると、なんとなくですが「この子とは仲良くなれそう」というのがわかることも。


ここだけの話、筆者も、気になる女性に聞いてしまいます……!


苦手なこと


苦手なこと


相手の女性が苦手なことは、男性にとって“自分が手助けできるチャンス”でもあります。もし頼りになると感じてもらえれば、好感度も上がりやすくなるというわけです。


また「コレをされたらイヤ」「これは食べられない」といった苦手を知れば、相手の女性に嫌われる言動を避けることができます。


どちらにしても、好感度をアップするのに有益な情報ですから、気になる女性には聞いておきたい話題といえそうです。


避けたいデート先


たとえば「映画館はしゃべれないから楽しくない」や、「絶叫系は苦手だから遊園地は楽しめない」など。


「デート」という単語はまだまだ出せませんが、それでも「よく行くところ」や「期待外れだった場所」といった話題なら男性側も振りやすいはず。


そういった情報が得られれば「あ、ここはお誘いしてOKだな」「ここはやめておこう」など適切なデート先かどうかの判断材料にできるので、こういったことを聞く男性も多いようです。


聞かれたこと、ありましたか?


もし「あ、聞かれたことあるかも!」という項目があれば、相手の男性はあなたのことが気になっているのかも!


「どうしてそれを聞いたのかな?」というところを考えていくと、恋愛対象としての期待もふくらみます。


あれこれ試行錯誤してみてはいかがでしょう?


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ