「俺が守らなきゃ!」男子が庇護欲をそそられる女子の特徴

「俺が守らなきゃ!」男子が庇護欲をそそられる女子の特徴

男の人って「自分が守ってあげなきゃ!」と思うような女性に対して愛情を感じやすいと言います。


具体的にはどんなときにその庇護欲は刺激されるのでしょうか?


今回は男の人が守ってあげたくなる女子の特徴についてご紹介します。



ちょっとドジ


「天然というか抜けているというか。仕事などはできるし、それなりの教養も持っているのに、たまにドジなことをする子は可愛いですね。支えてあげたいなとも思います」(29歳/コンサルティング)


いつもドジでおっちょこちょいなのは、フォローし続けなければいけないので辛いかもしれませんが、たまに見せる天然な姿にキュンとしてしまう男性は多いようです。


すべてを完璧にこなしてしまう女性に対しては、男性は「自分がいなくても大丈夫」と感じてしまうので、気を張り続けないほうがモテるかもしれません。


基本的に一生懸命


「仕事も家のことも一生懸命にこなしている前向きな女性を見ていると、こちらも元気をもらえますし、相手のことももっと助けてあげたいと思います。やっぱり頑張っている女性って魅力的ですよね。それを守れる男になりたいです」(31歳/教育)


いつもポジティブに頑張る姿は、周囲の人に好感を持たれます。できるかできないかではなく、まずはやるかやらないかです。


自分には取り柄がないから……と引っ込み思案になってしまわず、何にでもチャレンジしていくと、それをサポートしてくれる男性が現れるかも。


甘えん坊


甘えん坊


「甘えるのが上手い女性は、ついつい甘やかしたくなります。それにそういう女性ってすごく頼ってきてくれるので、男としてはプライドをくすぐられるというか。とにかく可愛くてずっと目の届くところに置いておきたいって思うくらいです」(33歳/警備)


男性は口では「面倒くさい」とか「それくら自分でやりなよ」と言っていても、頼られて悪い気がしていることはありません。


甘えてくる女性に対しては、自分の守る範囲内という設定をしやすいため、庇護してもらえる可能性も上がります。恥ずかしがらずにどんどん甘えちゃいましょう!


寂しがり屋


「寂しそうにしている姿を見せられるのが弱いですね。寂しい寂しいって直接言ってくるというよりは、寂しいのに強がって我慢しているのがわかったりとかすると、もうダメです。


『俺がずっとそばにいて守ってやる』と言って抱きしめてあげたくなります」(30歳/販売)


寂しくて沈んでいる姿って見せすぎると重たい女だと思われてしまうかもしれません。ですが、少しずつ小出しにする分には、嫌がられることは少ないでしょう。


甘えるのが得意ならば、寂しさを甘えたように伝えてみるのも良いかもしれませんよ。


おわりに


対等な関係だとしても、男性の側が「守りたい」と思いがあるかどうかで、愛の強さは変わってきます。


ぜひ男の人の庇護欲をくすぐってみてくださいね。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ