国民的美少女・吉本実憂、内野聖陽に口撃「本当に殺意を感じた」

国民的美少女・吉本実憂、内野聖陽に口撃「本当に殺意を感じた」

【モデルプレス】第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ受賞者でガールズユニット・X21のリーダーを務める女優の吉本実憂が、俳優の内野聖陽に口撃した。

17日、都内で行われた映画「罪の余白」(10月3日公開)完成披露試写会に、谷村美月、大塚祐吉監督と出席。娘をなくした心理学者の父親・安藤聡(内野)と、命を弄ぶ女子高生・木場咲(吉本)が織りなすサスペンス劇である同作の中で、たびたび安藤を挑発し、怒らせていた咲。大塚監督は「ボクの仕事は役者さんを怒らせて、泣かせて、傷つけることなので、それを代弁してもらっていました。でも途中から吉本さんが自発的にやってくれました」と演出について打ち明けた。

「アドリブで、急に傷つけられたこともあり、途中から本当に殺意を感じました」と内野がコメント。すると吉本は「私は木場咲として、安藤をどう消そうかしか考えていなかったので、そういう気持ちからでたアドリブです」とあわてて釈明していた。

◆「可愛い吉本実憂は見たくない」

内野は「撮影中はあんまりしゃべらなかったです。復讐の念が鈍るから、可愛い吉本実憂ちゃんを見たくなかったし、人のいい内野聖陽も見せたくなかった」と距離をとっていたことを告白。吉本は「本当はしゃべりたかったけど、内野さんがそうやって気を遣ってくれたことで、お芝居のなかでも本気で怒る表情ができたので、ありがたかったです」と感謝した。

また、同作が「大人 VS 女子高生」という構図であることにちなみ、女子高生たちがステージに登場。女子高生代表として吉本が内野へ質問することになった。「もう女子高生じゃないよね」と内野からツッコミを受けながら「女子高生から追いつめられた気持ちは?」と聞くと、「おっさんが女子高生に弄ばれるんですよ。不快ですよ」と真情を吐露。「女子高生に物申したいことは?」には、「特にないですけど…」と自由なやりとりで会場をなごませていた。(modelpress編集部)
カテゴリ