心安らぐおうち時間に!日本の伝統色をモチーフにしたシルクパジャマが登場

心安らぐおうち時間に!日本の伝統色をモチーフにしたシルクパジャマが登場


昨今の新型コロナウィルスの影響により、増え続けるおうち時間。じつは“パジャマで過ごす時間が長くなっている”という人も多いのでは?

そんなニーズを受け、上質なおうち時間を提案するライフスタイルブランド「Foo Tokyo」では、当初5月中旬に発売を予定していた新作パジャマを1カ月前倒しで公開!4月20日(月)よりオンラインストアにて発売される「シルクパジャマ」をチェックしていこう。

日本の伝統色をモチーフにした3色展開


今回発売される「シルクパジャマ」は、日本の伝統的な美の色彩から着想を得た全3色展開。


爽やかな“青磁色”の<ミントグリーン>、


柔らかな“薄色”の<ピンクベージュ>、


落ち着いた“勝色”の<エレガントネイビー>がラインナップしている。

シルクの経年変化を楽しもう



「シルクパジャマ」に使われているシルク(絹)は、蚕の繭から作られるタンパク質からできた天然繊維。人の肌に近いアミノ酸が豊富に含まれているため、人の皮膚や健康にもよい機能性を持ち合わせ、“着る美容液”とも言われている。

そんなシルクの繊維はコットンよりも細く繊細で、生地の風合いは洗うほどに変わっていく。着用して6カ月もすれば、身体のラインに沿ったシワがパジャマに現れるとのことなので、ぜひ変化を楽しんでみて。

なお、トップスは運動量を保ちつつ、パンツはヒップの見え方が綺麗になるようパターンを修正しているほか、


肌ざわりを重視して柔らかいブランド・品質表示タグを選択。さらにサイズピッチの振り幅を広げることで、より多くの人の体型にフィットするデザインに仕上がっている。

滑らかでストレスフリーな着心地



また、肌に直接あたる縫い代の仕様を、布の端を隠す“袋縫い”にしていることで、裏返しても着られそうなほど綺麗なのも魅力のひとつ。布の端が肌に触れないため、どこに触れても滑らかで素肌に吸い付くような着心地が体感できる。

トップメゾンを支える日本の縫製職人の熟練した技術によって実現した、細やかな縫製に注目しよう。

「シルクパジャマ」詳細


「シルクパジャマ ミントグリーン」と「シルクパジャマ ピンクベージュ」のサイズは<S><M>の2種類。「シルクパジャマ エレガントネイビー」のサイズは<S><M><L>の3種類だ。

なお、それぞれトップス・ボトムスが別売りで、価格は各2万5900円(税別)。


のんびり過ごすおうち時間にぴったりな「シルクパジャマ」をぜひチェックしてみて!
カテゴリ