男性に「一緒にいてもつまらない」と思われてしまう女子の共通点

男性に「一緒にいてもつまらない」と思われてしまう女子の共通点

誰でもそうだと思いますが、一緒にいて「楽しい」と感じられない人とは「また会いたい」とは思わないでしょう。


それは恋愛においても同じです。


次のデートにもつながりませんし、もちろん交際へと発展させることができる確率もかなり低くなります。


男性が「一緒にいてもつまらない」と感じる女子の共通点とは、いったいどんなものなのでしょうか?



まったく「壁」を崩さない


最初は壁があるのは仕方がないこと。


ですが、いつまで経ってもその壁が崩れる気配がないと、さすがに男性もウンザリするはず。


あまりにも壁が分厚いと感じたら、「もうあの子は無理だな」と諦めモードにもなってしまうでしょう。


なにをするにも遠慮がちだったり、気を遣いすぎていたり、ずっと敬語が取れずに会話が事務的だったり……。


少しずつでもいいので、そういう壁を取り除いていくようにもしないと、結局はお互いに楽しめずに、ずっと気まずい空気が流れるだけになってしまいます。


嫌われないように必死になりすぎる


好きな男性には、とにかく「嫌われないように」と必死になることもあるかと思います。


でも、「嫌われないようにする」ということばかりに頭がいってしまうと、「自分らしさ」を出せなくなっていくでしょう。


男性は女性の“その人らしさ”の部分に惹かれるものですし、そこに最も魅力を感じるはず。


嫌われないようにと無難な言動ばかりしていると、ありきたりで刺激も一切ない、とてもつまらない女性になってしまいます。


それは男性の「印象に残らない女性」でもあるので、その先に進みたい女性にはなてないでしょう。


自分からは動かない


自分からは動かない


たとえば、デートをする際は、基本的には男性にリードしてほしいと考えるものかもしれません。


しかし、すべてを男性に任せて、自分からは全く動こうとしない受け身すぎる女性だと、男性もあまり楽しくないと感じるでしょう。


女性からなにがしたいのかの意見が見られないと、「あまり楽しくないのかな」と不安な気持ちにもなるかも。


デートはふたりで楽しむものなので、ふたりで一緒に何をするかを考えたりするのが理想です。


あなたがなにをしたいのか、どこに行きたいのか、なにを食べたいのかなどの本音を、男性は聞きたがっているもの。


「どうでもいい話」ばかりする


一緒にいるときにどういった会話をするのかは、最も大事なポイント。


会話が楽しめる相手は、それだけで相性がいい感じがしますし、共感が生まれやすい相手でもあるでしょう。


ただ、会話を弾ませようとして、「どうでもいい話」ばかりをしてしまうのはNG。


たとえば、一日に起こった出来事を何のまとまりもなくただベラベラと話すのは、聞いている男性もだんだん苦痛になってくるでしょう。


一方的に話し続けるのではなく、色々と男性に質問したりもした方がいいですよ。


気を遣いすぎない方が良いのかも


気になっていた女性であっても、実際一緒にいて楽しむことができなかったら、「あの子は違うかな」と思われてしまうだけ。


あまりにも気を遣いすぎてしまうと、逆におもしろみがなくなる危険性も高いですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ