彼氏ができない…「恋のチャンス」を逃してしまう原因

彼氏ができない…「恋のチャンス」を逃してしまう原因

彼氏ができない状態が続いている場合には、やはり何かしらの原因があるはずです。


その原因に気づいて、改善していくことができれば、恋のチャンスを逃すようなこともなくなっていくでしょう。


そこで今回は、「恋のチャンス」を逃してしまう原因を紹介します。



焦って「飛ばしすぎる」


なかなか彼氏ができない状態が続いているときに気になる男性が現れたら、「付き合いたい」という気持ちはより大きくなるはず。


でも、そこで焦って飛ばしすぎてしまうと、結局は付き合うところまでたどり着けなくなってしまう危険性も大。


必要以上にアピールをしまくったら引かれるでしょうし、付き合う前に体の関係を持ったりしたら遊ばれることになるだけでしょう。


ちゃんと段階を踏んで距離を縮めて信頼を深めていくことが、やはり交際への一番の近道ですし、後悔するようなことにもなりにくいものですよ。


なんでも「悪い方向」に考える


恋人がほしいのに恋人ができない時間が長くなると、「全部自分が悪いんだ」なんて自己嫌悪に陥ったりもするかもしれません。


そこから原因を探ろうとしたり、欠点を改善しようとしたりするのならいいですが、自分を責めてばかりいると、どんどん恋愛に対して及び腰になってしまうかも。


また、「私の○○がいけないんだ」「私なんて何の取り柄もないし」などと、悪い方向にばかり考える女性のことを魅力的に感じる男性などいないはず。


まずはダメな部分よりもいい部分に目を向けて、自分に自信を持つようにすると、男性のあなたを見る目も少しずつ変わってくるでしょう。


「欠点探し」ばかりする


恋のチャンスを逃しがちな人は?


「あの人は話が長いから嫌だ」「○○さんはなんか冷たそう」「彼はちょっとなよなよしてるかな」。


そんな風にすぐに男性の欠点に目がいく女性は、いくら出会いがあっても恋愛まで発展させるのは難しくなります。


上から目線でダメ出しばかりをしてくる感じは性格が悪そうに見えるので、男性からも嫌がられるでしょうし、女友達もあなたには男性を紹介したくないと思うはず。


これだけは譲れないという条件をいくつか絞って、できるだけ男性のいいところに目を向けるようにしないと、いつまで経っても先に進めずに文句を言っているだけの状況になってしまいますよ。


ずっと「待っている」


何もせずにただ待っていたら、ある日素敵な男性が現れて恋人になってくれたなんてことは、現実にはそうそう起こることではありません。


ずっと待っているだけでは状況は何も変わらないでしょうし、もし気になる男性が現れても、あなたの好意には気づいてもらえません。


全く出会いがないのであれば、出会いの場に顔を出すなどの行動に出る方が得ですし、好きな男性がいるのなら少しずつでも好意を示したほうがいいです。


動き出すのには勇気も必要かもしれませんが、「彼氏がほしい」と本気で思っているのなら、その勇気で状況を変えていくことが最も大切ですよ。


おわりに


ほんの少し考え方や行動を改善するだけで、素敵な恋愛をつかむ確率はグンと高くなるはずです。


今のままの状態に慣れきってしまう前に、動き出すことが大事なポイントですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ