「こんな彼女がほしい!」彼が恋人に求める条件

「こんな彼女がほしい!」彼が恋人に求める条件

恋人を作りたいと思っても、なかなか上手くいかないことって多いもの。


自分は「この人いいな」と思っていても、相手から「この人、魅力的だな」と思ってもらえないと、なかなか両思いになることは難しいでしょう。


そこで今回は、どうすれば男性がその気になってくれるのかについてご紹介します。


デートの時に、さりげなくアピールしてみるといいですよ。



いつも笑顔


「恋人にはいつも笑顔でいて欲しいと思ってしまいます。

こっちのわがままですけど、疲れている時って甘えたくなるんですよ」(Mさん・26歳男性/会社員)


笑顔でいることは、とても大切なことです。


当たり前のことだと分かっている人が多いと思いますが、案外実践できていないもの……。


例えば、デートの待ち合わせに遅れてきた彼氏に対して、「遅いから前から欲しいっていってた本、買っておいたよ」といってビジネス書をプレゼントするようなことはなかなか難しいでしょう。


しかし、それができる人は、いつも笑顔でいられるはずです。


ポジティブ


「ネガティブな人とはそもそも付き合いたくないです。

『これやろうかな』って言ってもすぐに『無理だよ』とか『それ本気で言ってる?』とか言ってくる人は無理。


『面白そうじゃん!』って感じでいつもポジティブな人がいいですね」(Nさん・28歳男性/会社員)


他にも、プレゼントを渡されて「適当に選んだでしょ?」とか、デートのミスに対して「なんでそんなこともできないの?」と男性を責めるような発言も、嫌われてしまいます。


プレゼントが期待したものでなかったとしても、「私の誕生日、よく覚えてたね」とそこを褒めてあげたり、デートのミスも「お互い様だから」と許してあげられたりすると絆が深まるでしょう。


趣味を認めてくれる


「筋トレをしていたときに元カノから、『筋肉を鍛えて何の意味があるの?』って言われたことがあるんです。


趣味って本来、そういうものじゃないですか。

そこを理解してもらえないのは辛いですね」(Mさん・29歳男性/会社員)


「友達と飲みに行くのが趣味」という人には、他人と会話を楽しむ行為は意味のあるものでも、1人で黙々とダンベルを上げ下げする行為は、無意味なものに思えてしまうこともあるでしょう。


しかし、それがストレス発散に繋がり、気分転換することができる行為なのです。


そこを否定してしまうと、彼を追い詰めることになってしまうので、気をつけましょう。


デート代を割り勘しても怒らない


「デート代をすべて男が払うっていうのは、ちょっと意味が分からない。

そういう女性って、男を金づるとしか見てないような気がするので、ちょっとキツい」(Aさん・27歳男性/会社員)


男性もお金がないときがあります。


多く払う分には問題なくても、全ておごりとなると、男性の負担が多くなってしまって、そこから関係に溝ができてしまうことも……。


給料日前や男性に続けて奢ってもらった後は、「ここは私が払うよ」といった感じで、男性の負担を軽減してあげると喜ばれます。


友人にはできていても恋人にはできなくなる?


男性が恋人に求める条件を紹介しましたが、一つ一つの項目はそれほど難しいものではないはず。


しかし、友達にたいしては問題なくできていても、恋人になるとできなくなってしまうことってよくあることです。


恋愛になったときに、自分がどんな振る舞いをしているかを、振り返ってみるといいかもしれません。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ