住吉美紀アナ、PCR検査「陽性判定」 新型コロナウイルス感染を報告

住吉美紀アナ、PCR検査「陽性判定」 新型コロナウイルス感染を報告

 肺炎のため緊急入院し、PCR検査を受けていた元NHKアナウンサーで現在フリーの住吉美紀(47)の所属事務所は22日、公式サイトを通じて、住吉アナが新型コロナウイルスに感染していたことを報告した。



【写真】15日にはテレワークを報告していた住吉美紀アナ



 サイトでは「本日、4月19日のPCR検査の結果、陽性判定となり、新型コロナウイルスへの感染が確認されました」と伝え「今後は、医師のご指導のもと、一日も早い回復を目指し、引き続き入院治療に専念して参ります。ファンの皆様、リスナーの皆様よりの暖かいメッセージには、この場を借りまして厚く御礼申し上げます」とした。



 住吉アナは、4月16日に発熱、その後、高熱が続いたため、電話での問診の上、19日早朝、都内医療機関にて受診。CT検査を行ない、肺炎と診断され、緊急入院した。同時にドクター判断でPCR検査を実施しており、所属事務所19日に「結果はまだ分かっておりませんが、分かり次第報告させていただきます」としていた。
カテゴリ