コロナ感染の石田純一、レギュラーラジオに肉声 沖縄訪問を猛省「不快な思いをさせてしまった」

コロナ感染の石田純一、レギュラーラジオに肉声 沖縄訪問を猛省「不快な思いをさせてしまった」

 新型コロナウイルス感染を公表した俳優・石田純一(66)が、23日放送の文化放送『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』(月~金 後3:30)で、電話での肉声コメントを寄せた。きのう22日に電話取材に応じたもので、現状について「だいぶ良くなって、ほぼ平熱近くになっております」と明かした。



【写真】入院中で鼻には酸素…夫・石田純一の様子を公開した東尾理子



 石田の所属事務所によると、石田は4月10日に仕事のため沖縄へ行き、翌11日に身体がだるく感じ、13日に東京へ戻るまでホテルにて休息を取っており、その間、発熱や咳の症状はなかったと説明。しかし、14日病院にて肺炎の傾向が見られたため入院となり、PCR検査を受けた結果、15日に陽性と確認された。



 この日の放送で、スタッフから沖縄に行ったことへの批判が寄せられている点について「沖縄に行って、最終判断をオーナーとしてやろうということで、やったことが非常にまずかったと、東京から出るべきではなかったと、非常に反省しております。ご迷惑をおかけしてしまった。沖縄の人たちにも不快な思いをさせてしまったことを反省しております」と深く謝罪した。



 先週の同番組内では頭痛のひどさを打ち明けていたが「特に何か現在悪いっていうのはないんですけど、肝臓の値が悪くなってきていたり、いろんな薬を飲んで副作用とかも…」と告白。PCR検査で陽性となった際からの治療について「一刻の猶予もないので、アビガンで。ちょっと呼吸とかも弱くなってきたもんですから。おかげさまでアビガンが効いて、本当に悪くなることがなく、急激に回復はしていませんけど、何とか小康状態、4日間で平熱くらいまできました」と語った。



 その上で「この度は私も油断はしてなかったつもりなのですが、結果的に陽性になってしまったことを反省しております。いろんな方にご迷惑をおかけしまったことをお詫びしたい。何とか新型コロナが収まって、まずは命あってのものだなと…」とリスナーに呼びかけていた。



 きょう23日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)では、インタビュー取材に応じる予定となっていたが、体調不良により見合わせたと、同日放送の『バイキング』(月~金 前11:55)内で明らかになった。
カテゴリ