それ、見せちゃダメ!社会人男性が警戒する「女子の危険な一面」

それ、見せちゃダメ!社会人男性が警戒する「女子の危険な一面」

「かわいくて明るいけど、本命彼女にはちょっと……」――こんな発言、男性から聞いたことはありませんか?


この一言に隠された本音は、「深く付き合ったらなんか面倒そうだから」。


仕事や趣味にアクティブな男性にとって、面倒な女を彼女にすることは、自爆に等しいものなんです。


「あれ?なんかヤバい?」男性を警戒させる、女子の一面とは?



ガチの「恋愛不幸エピソード」


「過去の恋バナも場合によっては聞くけど、『浮気されたあげくに、全部のつながりをブロックされて振られた』とか『年下の彼にお金を貢ぎまくってた』みたいな……。

ガチの不幸エピソードが出ると、ビビりますね。


男だって、鬼みたいなひどい奴はそんなにいないからさ……。

『どんなヤバいことをしたらそうなるんだ?』って思うんですよね」(27歳・男性)


なにかと元カレを気にする男性も、こんな生々しい話が聞きたいワケではありません。


元カレに関する不幸ネタを、正直に話すことは「この子には粗末に扱われるなにかが?」「明るく見えても精神病んでそう……」なんて、余計な憶測を呼ぶかもしれません。


ネガティブな過去情報を出しすぎると、理解してもらう以前に引かれてしまうかも……。


かわいらしさ「だけ」がウリ


「仕事の場で必要な注意をされたのに、全然反省しないで『超こわかったー!ぴえん』とかLINEしてきたり、新人の子と同じようなラブリーな服ばかり着てきたりするような同期がいます。


おじさんウケは良くて可愛がられてるけど、自分の彼女だったらと思うとちょっと……。

真面目な話はできなそう」(30歳・男性)


女性としての可愛らしさと、幼さの区別がつかず、年相応のファッションやヘアメイクをせずに若いコの真似ばかり。


わざとやっているのがミエミエの、幼い口調で話したり、ケンカになれば泣いてごまかしたり……。


そんな幼い言動は、「ちゃんと話ができない女」と本命候補から外される原因になるでしょう。


また「ラブリーアピールの激しい女って、カゲで職場の後輩とかいじめてそう(笑)」なイメージを持つ男性もいるようです。


彼への依存が激しい


彼への依存が激しい


「今付き合ってる子、どうも同性の友達がいないっぽいんですよね……。

友達と遊びに行くとか聞いたことない。

顔はかわいいし、悪い子じゃないんだけど、僕が男友達と出かけようとすると不機嫌。


恋愛以外の人付き合いができない子なのかも……。

趣味もないみたいなので、僕が会わない間の出来事を話しても、興味を持たないか、『知らない人の話だし』とスルーされて、話もあまり盛り上がらない。

もうちょっと、自分の世界を持ってくれた方がいいんだけど」(25歳・男性)


このケースの問題は、「友達がいないこと」だけではない様子。


彼の周囲の人間関係に嫉妬したり、人間関係や自分の世界を広げようとしたりしない姿勢が、「なんか重くて面倒」なオーラを発しているのかもしれません。


どんなにラブラブな恋人同士でも、それぞれの時間は必要。


「彼氏がいれば他はどうでもいい」的な姿勢は、むしろ恋の寿命を縮めるでしょう。


そんなのみんなやってるけど


「過去の悲しい思い出も受け止めてほしい」「可愛く思われたい」「彼氏大好き」。


どれも、「そういう女子がいたって良くない?」と思うような、些細なことかもしれません。


多かれ少なかれ、女子はみんなやってるような言動だってあるでしょう。


でも、一見普通の女子からちらつく、こんな一面は、「なんかヤバい」と思われがちなんです。


普段常識的なあなたこそ、気のゆるみには気を付けてくださいね。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ