亀と山P、次なるドラマは“兄弟”役? 妄想トークを展開「『若葉のころ』みたいな作品とか…」

亀と山P、次なるドラマは“兄弟”役? 妄想トークを展開「『若葉のころ』みたいな作品とか…」

 KAT-TUNの亀梨和也と山下智久が24日発売の『月刊TVガイド』6月号(東京ニュース通信社刊)の表紙・巻頭グラビアに登場。スペシャルユニット・亀と山Pとしてアルバム『SI』のリリースを控える2人が、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の『修二と彰』を振り返り、 「2人でドラマをやるなら?」と妄想トークを繰り広げる。



【写真】亀と山P「背中越しのチャンス」でダンスする木村文乃



 伝説的なユニットの15周年を記念した活動再開とあって、撮影当日は数多くの媒体が分刻みで2人の取材を行うハードなスケジュール。取材がスタートするなり、カメラマンはスタジオ内ではなくビルの屋上での撮影を敢行。快晴の空に太陽が沈み始めるタイミングという絶好のシチュエーションに亀梨と山下も「気持ちいい!」「もうこんな時間だったんだ」と屋上からの景色を楽しむ。カメラの前でもリラックスモードで会話がはずみ、のびのびとしたナチュラルな2人を切り取ったグラビアが完成した。



 インタビューでは撮影中に手にとった少年漫画誌から話が広がり、2人のジャニーズJr.時代の話に。山下が「最近の少年漫画って根性とかダメらしいよ。でも俺らめちゃめちゃ根性世代だよね(笑)。ジャニーズJr.に入った頃なんて、男の子同士だからケンカもしょっちゅう」と話すと、亀梨も「俺もそういう世代のギリだけど、Pはど根性(笑)」と応じるなど、2人がこれまで過ごした関係性を感じさせる会話も交わされた。



 また次なるドラマの企画として亀梨は「視聴者に投票をしてもらって、多かった結末に向かってドラマを進めて行くのはどう?」と想像をふくらませると、山下は「新しいことに挑戦したいっていう思いはお互いにあるからね」と興味津々。



 さらに2人の関係性を描く作品へと話が進み「KinKi Kidsさんの『若葉のころ』みたいな作品とか面白いかも」と亀梨が提案すれば、山下は「てことは俺らが実は兄弟!?」と盛り上がり、最後は「どんな作品がいいか、オファーお待ちしています!」と呼びかけるなど今後の亀と山Pの活動が楽しみになる刺激的な語らいとなった。
カテゴリ