『浦安鉄筋家族』3発目は染谷将太のメイン回、信長が転生したら花丸木!?

『浦安鉄筋家族』3発目は染谷将太のメイン回、信長が転生したら花丸木!?

 テレビ東京系で放送中のドラマ24『浦安鉄筋家族』(毎週金曜 深0:12~0:52※テレビ大阪では翌週月曜 深0:12)。24日放送の3発目は「桜らむドリーミン」。どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家。父・大鉄(佐藤二朗)と長女・桜(岸井ゆきの)が親子喧嘩!? 原因は桜の彼氏・花丸木(染谷将太)だった。



【写真】セーラー服で桜を演じる岸井ゆきのがかわいい



 花丸木は、「らむ~」が口ぐせで、肌の抵抗が少なく服が脱げやすい体質からすぐ裸になってしまう天然変態。彼のメイン回と言ってもいい3発目では、セーターの毛糸をスパゲッティを間違えて食べたり、小学生にいじめられたり、パンツ一丁になったり、海沿いを走る姿も爆笑必至。



 演じる染谷といえば、今年の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で、これまでにない“織田信長”像を演じて話題沸騰。かたや戦国時代劇、かたやギャグ漫画原作のどコメディーと対照的だが、信長が転生したら花丸木だったのでは?と、錯覚したくなるほど、両作品で唯一無二の芝居をみせる。



 3発目は、ある日、大鉄から「花丸木と別れろ」と言われる桜。裸ん坊の花丸木とのデート現場を、大鉄は偶然見かけてしまったのだ。桜は大鉄に「お父さんなんて他人よ」と言い放つ。



 そんなある日、思いがけず花丸木と家で勉強デートをすることになった桜は、自分の家族の粗を知られたくない、とダメオタニートの長男・晴郎(本多力)にドロップキックを見舞ったり、なぜかトイレに現れた巨大うんこを処理することになったりとてんやわんや! ただの勉強デートがどうしてこんなことに!? 果たして、桜の純情は守られるのか!?
カテゴリ