勘違いしてない?男性が本当に「いい女」と思う女性の特徴4つ

勘違いしてない?男性が本当に「いい女」と思う女性の特徴4つ

女性が良かれと思ってやっているモテテク、実は男性の心には全く響いていないのかもしれません。


たとえば、男性の目を意識して女性らしいヘアアレンジをしてみたり、モテを意識したファッションをしてみても、その変化にさえ気づいてもらえないことも多くありますよね。


男性からすれば、ルックスの問題はそれほど重要視されていないのかも……。


そこで、今回は男性のことを本当に魅了できる女性になるべく、男性目線の“いい女”についてフォーカスしてみましょう。



自分の話を肯定的に受け止めてくれる女性


「僕の話を熱心に聞いてくれる女性は、一緒にいて居心地がいいですね。その話も否定をせずに、頷きながら聞いてくれる人がいいなぁ。どうしても納得いかないときは、優しく指摘してくれたり前向きになれるような言葉をかけてくれる女性は、あんまりいないと思います」(Sさん・31歳男性/アパレル)


男性の話に否定ばっかりしていると「理解してくれない」と思われがちです。


デートのときには、彼の話を聞いてあげるように意識しましょう。


彼がよく話すのは、それだけあなたに心を開いている証拠。頷いたり、相槌をうつだけでその誠実さが伝わりますよ。


すぐに怒らない


すぐに怒らない


「ちょっとデートに遅刻したり、デートをキャンセルしたくらいで怒る女性は、このさきの付き合いが思いやられます。怒るということは、子供っぽいと思う。どうして自分が不快だったのか理論的に説明できる女性のほうが、長く一緒にいる上では疲れないと思うんです」(Kさん・35歳男性/看護師)


男性の発言にすぐ怒っているようでは、二人の関係も長く続かないでしょう。


自分の意見を分かってもらえないのは、自分の伝え方を見直すことも、ときには必要です。


どうしても話し合いがうまくいかないときは、いったん距離を置いてみるなどの対策を練ってみるといいでしょう。


身勝手な計画を立てない


「僕の仕事を理解してくれて、クリスマスとかイベントのときに無理を言わない女性がいいですね。自分はお金を出さないからって、派手なデートプランを立てるような女性は、あんまり好きになれない。ご飯とか奢ったことに関しても、ちゃんとお礼を言ってほしいです」(Iさん・27歳男性/経理)


いつでも相手の視点にたって、自分が行動を起こしたことによって相手がどう思うかを考えられるといいですね。


自分のことのように相手を大切できる相手とは、長く時間を共有しても居心地がよく疲れないものです。


「大事にしてくれている」と思える態度


「毎日のように『好き』と言われるより、ふいに出る優しさだと思います。僕が疲れて帰ったときに『今日は疲れてるだろうから、明日また連絡するね』とか言ってくれると、『いい子と付き合えたな』と、しみじみ思うんですよ」(Aさん・26歳男性/保育士)


プレゼントを渡す、お礼を伝えるという初歩的なことは、誰だってできることでしょう。


相手のことを本当に大切に思っている場合は、些細な行動にそのことが現れるもの。


ありきたりな愛の言葉より、本当に思いやっているからこそ出る言葉や行動こそ、男性が求めている癒しなのかも。たとえば「仕事で疲れているから」と家事を代行してあげたり、マッサージをしてあげたりすることですね。


男性が本当に求めているのは自分の味方


男性が「この子とずっと一緒にいたい」と感じるのは、自分の味方でかけがえのない存在と認識したとき。


男性の一番の理解者でありつつ、楽しい会話ができるようにトークスキルや、ルックスを磨くことを意識しましょう。


実は、誰もが憧れるスタイルやオシャレさではなく、男性のありのままを受け入れられる器量が求められていることに気付けるといいですね。


(東城ゆず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ