完全新作アニメ『Tokyo 7th シスターズ』今夏に上映 キービジュアル&特報映像公開

完全新作アニメ『Tokyo 7th シスターズ』今夏に上映 キービジュアル&特報映像公開

 ゲーム『Tokyo 7th シスターズ』の完全新作アニメーション『Tokyo 7th シスターズ-僕らは青空になる-』が、今夏に期間限定上映されることが決定した。あわせて、春日部ハル、天堂寺ムスビ、角森ロナらメインキャラクター12人が描かれた夏らしいキービジュアル、特報映像も公開された。



【動画】キュートなアイドル集結!公開された特報映像



 『Tokyo 7th シスターズ』は、“アイドル氷河期”に突入した2034年に、プレイヤーが支配人となった劇場型スタジオ“ナナスタ”を舞台に新たなるアイドルを育成してゆくゲーム。2014年のサービス開始以来、全50人のアイドルが活躍するシナリオがこれまでに500エピソード以上展開、90曲を超えるオリジナルの楽曲とともにアイドルたちの成長ドラマが魅力的な物語として描かれている。2015年からキャストたちが出演するLIVEは、これまでに10回開催された。



 作品内に登場する楽曲のミュージックビデオ(MV)はこれまでも一部アニメーションで制作されていたが、今回のアニメではゲーム内では描かれていない新規オリジナルエピソードを70分の完全新作アニメとして制作。『Tokyo 7th シスターズ』の総監督として企画、原作、脚本、シリーズ構成、楽曲やライブ演出まで手掛けてきた茂木伸太郎が当アニメでも原案・脚本・音楽プロデューサーを担当し、「ナナシス」のメインユニット“777☆SISTERS”を主役に、これまでゲーム内で展開された数々のエピソードを踏まえた感動の物語を手がける。



 茂木氏は「幸運な機会を通じ、ナナシスを知っている人も、ナナシスを知らない人も、誰もが楽しめるエンターテイメント作品にしたい。そんな気持ちで日々、スタッフの皆さんと奮励努力し、制作しています。輝かしいものとはなんでしょう。その答えの一つを、これまで以上に明るく元気に、そしてまっすぐに奮闘するシスターズの姿から感じていただければ幸いです」と呼びかけ。



 北川隆之監督は「プレッシャーを感じつつも、茂木さんとともに各スタッフ、いかにナナシスの魅力を引き出せるか力戦奮闘しております。『誰かの背中を押す』アニメならではの生き生きとした描写で、それが実現できればとてもすてきなことだと思います。劇場でお会いできることを楽しみにしております。2020年、夏をお楽しみに」と伝えた。



■キャスト

春日部ハル:篠田みなみ

天堂寺ムスビ:高田憂希

角森ロナ:加隈亜衣

野ノ原ヒメ:中島唯

芹沢モモカ:井澤詩織

臼田スミレ:清水彩香

神城スイ:道井悠

久遠寺シズカ:今井麻夏

アレサンドラ・スース:大西沙織

晴海サワラ:中村桜

晴海カジカ:高井舞香

晴海シンジュ:桑原由気

六咲コニー/七咲ニコル:水瀬いのり

カテゴリ