好きな人に会えないとき…上手に「距離を縮める」方法

好きな人に会えないとき…上手に「距離を縮める」方法

新型コロナの影響で、好きな人に、会いたくても会えない日々が続いていますよね。


なかなか会えない状況であっても、少しずつ距離感を縮めていくことはできるはず。


そこで今回は、会えないときに上手に“距離を縮める”方法を紹介します。



わかりやすく“言葉”にする


会えないときには、お互いに不安も生じるはずなので、それを解消させるような言動が必要になります。


そのためには、素直に自分の気持ちを、わかりやすく言葉にして伝えたほうがいいです。


回りくどいことをしている場合ではないので、「早く会いたいな」「会えなくて寂しいよ」「会える日を楽しみにしてる」などと率直に言うべき。


女性の思いがわかれば、男性は安心できますし、「この子は大事にしなきゃ」といった気持ちも芽生えてくるでしょう。


連絡はこまめに取る


連絡が多すぎる女性は、男性からは敬遠されやすいですが、なかなか会えないときにはこまめな連絡は必須です。


毎回のように長い話にはならないようにして、ちょっとしたコミュニケーションの回数を増やすといいかも。


また、最近では“オンライン飲み会”や“オンラインゲーム”などでコミュニケーションを取るのも新たな方法としてあります。


会えなくても、楽しみながら連絡が取り合えたら、ふたりの関係性に距離ができてしまうようなことにはならないでしょう。


“同じ作品”を観る


「今日は○○を観てみない?」とか「次は○○を読んでみようよ」と誘って、同じ映画や本などを観てみるのもオススメです。


会って一緒に観ることはできなくても、ふたりで同じ時間を共有した気分にはなれるはず。


さらに、観終わったあとで、感想を言い合うことで、いつもとは違った会話を楽しむこともできるでしょう。


お互いの好きな作品を紹介し合ってみるのも、共有や共感が増えるので、より親密さを深められるきっかけになりますよ。


次の予定を立てる


会えないときには、会えないことを悲観するよりも、次に会えるときのことを考えるべきです。


そのほうが気分も上がるので、男性も「話しているだけで楽しい」と感じてくれるでしょう。


次はどこに行こうかと計画を立てれば、自然とデートの約束ができているのと同じこと。


お互いのデートプランを発表し合ったりして、当たり前のようにデートの話ができるようになれば、もうそのまま交際へと進展させられるはずですよ。


おわりに


会えないときには、気持ちはきちんと伝えることが大事です。


お互いに気持ちが通じていれば、溝など生まれないでしょうし、会ったときの喜びも倍増するでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ