ごめん…。つい「男性の既読スルー」が増えてしまうLINEの特徴3つ

ごめん…。つい「男性の既読スルー」が増えてしまうLINEの特徴3つ

気になる人にLINEを送っても、既読スルーが増えてきた気がする。


そんなとき、自分に興味がないのか、それともLINEの送り方がマズイだけなのか……気になるところですよね。


男性が返信しづらい、また返信しなくても良いと思ってしまうようなLINEを送っているとしたら、それらを改善することで、また返信をくれるようになるかもしれません。


そこで今回は、男性がつい既読スルーしてしまうLINEの特徴と、改善するためのポイントをお伝えします。



意味のない一言やスタンプ


「よく『にゃー』とか一言だけ来たり、セリフのないスタンプだけだったりすると、どう返そうか考えるのも面倒になってきます。


暇なときはまだしも、忙しいとこちらもスタンプだけで返したり、やがては既読スルーしたりするようになりました」(営業/31歳)


好意を寄せている男性のことが気になったり、寂しかったりして、LINEしたいけど、特にネタもなく意味のない一言を送るのが増えていませんか?


そんなとき、はじめは気を利かせて「どうしたの?」と返信し、話題を引き出してくれていた男性も、同じようなパターンが続くと、だんだん面倒になってスルーしたくなってしまうはず。


また、よく分からないスタンプを唐突に送られた場合も同様。


あなたが彼とLINEで盛り上がりたいと思うなら、自分から、彼が乗ってくれそうな話題を提供すると、「話が合いそう」と思ってもらえて会話がはずむでしょう。


一方的な愚痴


「よく仕事の愚痴がLINEで来るのですが、慰めたり励ましたりしても、エンドレスで続くと面倒でスルーしたくなります」(販売/28歳)


「楽しい話よりも、愚痴の方が多いような子は、内容が変わっても『またか』と思い返信しなくなりますね」(IT/30歳)


仲良くなってきた男性に対して、嫌なことや怒りなどの愚痴を聞いてほしくなることもあると思います。


ただ、そのときの「聞いてほしい!」と、たかぶった感情をLINEでぶつけ過ぎてしまったら、男性は「性格が悪そう」と引いてしまうことも……。


愚痴を送る場合は、「でも、気分転換して頑張る!」と自分で話題を切り替えて、「聞いてくれてありがとう。楽になったよ」と、相手への気遣いも忘れずにしましょう。


すると、男性も「力になれて良かったよ」と返信しやすくなるでしょう。


長文過ぎて…


好きな男性に色々伝えたくて、つい長文になり過ぎてしまう人もいると思います。


でもそれ、結局何が言いたいのかが伝わらないような文章になっていませんか?


以下は、男性に聞いてみました。


「長文が来ることが多い女性は、一生懸命なのは分かるけど、内容がよく分からないから返事に困る。

どの部分に反応すれば良いのかも掴みづらい」(通信/32歳)


この意見のように、色んな内容がごちゃまぜになっていることも、スルーされてしまう一因かも……。


「長いと全部読むのが正直面倒。後で見ようと思って忘れてることもあります」(アパレル/28歳)


暇なときなら、じっくり読んで返してくれる男性も、忙しいと「後でいいか」と思い、そのうち忘れてしまうということもあるでしょう。


長文だと気軽に返しにくいということもあります。


LINEでは、男性が開いたときに、すぐに内容が確認できるよう「簡潔さ」も意識してみましょう。


LINEで疎遠にならないために


気になる男性からの既読スルーが続いてしまうと、LINEを送りづらくなりますよね。


もっと仲良くなるためにLINEをしたのに、疎遠になってしまった……なんてならないように、気を付けてくださいね。


(かりん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ