ウガンダ発のファッションブランドから『母の日ギフト』3種が販売中

ウガンダ発のファッションブランドから『母の日ギフト』3種が販売中


今年の母の日は、いつもと趣向を変えたプレゼントを贈ってみるのはいかが?

ウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)から、『母の日 ギフトボックス』が登場!4月17日(金)から公式オンラインストアで発売している。

ウガンダの女性たちの手仕事による品々



国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在経験のある仲本千津氏が立ち上げた同ブランド。アフリカンプリントの中でもひときわカラフルでプレイフルな布地を使用したバッグやアパレルなどを、代官山の直営店舗とECサイトで展開している。

デザイン性と機能性を兼ね備えたこれらの品々は、すべてウガンダの直営工房で手仕事によって生産されているのが特徴だ。工房では、社会的に疎外されがちな女性を積極的に採用していて、彼女たちの自信と誇りを醸成することを目指しているという。

雑貨×ドライフルーツのギフトセット



今回の『母の日 ギフトボックス』は、ウガンダ産ドライフルーツを扱うECサイト「CITRINE CARAVAN(シトリンキャラバン)」とのコラボ商品。「RICCI EVERYDAY」のカラフルなエプロンやバッグと、ウガンダの太陽をたっぷり浴びて育ったドライパイナップルがセットになったギフトセットだ。


ラインアップは3種類で、『アケロポシェットセット』1万1000円(税込)はアケロポシェット+ポーチ+ドライパイナップルの3点、『エプロンセット』5500円(税込)はアフリカンプリントエプロンとドライパイナップルの2点、『ポーチセット』3300円(税込)はキューブポーチとドライパイナップルの2点がそれぞれセットされている。どれもウガンダの香りが漂うギフトボックスだ。

カラフルなアフリカンプリントのグッズと、南国ドライフルーツ入りの『母の日 ギフトボックス』で、大切な“お母さん”へ感謝の気持ちと華やかな気分を届けてみては。
カテゴリ