「新しい地図」全国ツアー&香取慎吾ソロライブが中止 苦渋の決断もファンの励ましに感謝

「新しい地図」全国ツアー&香取慎吾ソロライブが中止 苦渋の決断もファンの励ましに感謝

 俳優の稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾による「新しい地図」が今春開催予定だった全国ツアー「NAKAMA to MEETING_vol.2」と、香取の初ソロコンサート「20200429 PARTY!」が、延期開催を検討していたがすべて中止が決定した。「新しい地図」サイトで30日に発表された。



【写真】「まだあどけない…」稲垣カメラマンが撮影した、少年時代の香取慎吾



 当初、「NAKAMA to MEETING_vol.2」は、2月26日の千葉公演を皮切りに4月まで、福岡、大阪、東京、静岡、北海道の6地域で全17公演、香取のコンサートは4月29日に公演を予定していた。新型コロナウイルスの影響を受け、2月から3月にかけて全公演が延期となり、再度実施できる日程を各地域の状況も確認しながら模索を続けていた。



 しかし収束の目処は立たず、新型コロナウイルス感染拡大の報道が続く中、全公演の中止という苦渋の決断に至った。



 3人が所属する事務所もコメントを発表。「皆さんの為にも『実施したい!』と考えると同時に、皆さんの為に『今の不安な状況下で、このイベント、公演を決定するのは、皆さんの為にはならないのでは?』と、正直、迷うようになりました。日々の新型コロナウイルス感染拡大の報道を耳にして、私たちは、この感染症と真剣に向き合い、心身共に安全、健康を皆様に呼びかけ、1日でも早く、この難局を乗り越えることが今一番考えなくてはならない大切な事だと実感し、結論を出させていただきました」と経緯を説明した。



 続けて「今回、延期のお知らせをさせていただいた際に、NAKAMAの皆さんから、たくさんの励ましのお言葉を頂戴しました。皆さんにとっても残念なお知らせにも関わらず、私達にもお気遣いいただき、本当に皆さんのやさしさを実感致しました。この場をお借りしまして、御礼を申し上げます」とファンの激励に感謝。「そして、次回のイベント、公演で皆さんとお目にかかるのを、3人共々、楽しみにしています。その日まで、お元気でお過ごし下さい」と呼びかけた。



 払い戻しは、外出自粛が求められていることを考慮して5月7日から6月7日に設定。詳細は公式サイトにて。



 「新しい地図」と日本財団は27日、新たな基金『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)を立ち上げたことを発表した。まず新型コロナウイルス対策の支援に取り組み、医療関係者やその子どもたちを含めた家族を支援するプロジェクトをスタートさせる。また、「新しい地図」として同プロジェクトに3000万円の寄付を決定したことも明らかになった。
カテゴリ