この子ムリだわ…男が「めんどくせぇ」と感じる女性の特徴

この子ムリだわ…男が「めんどくせぇ」と感じる女性の特徴

「この子はちょっとめんどくさい子だなぁ」と感じる女性とは、男性は親密になろうとは思わないでしょう。


できれば関わらないようにしようと考えるはずなので、距離を置かれてしまう可能性も高いかもしれません。


そこで今回は、男が「めんどくせぇ」と感じる瞬間を紹介します。



自分を「卑下」しすぎる


謙遜をすることができる女性には、男性は好感を抱きますが、それを通り越して自分のことを卑下しまくる女性には、いいイメージは持ちません。


「私なんて」「どうせ私には」「私なんかが」などと言われたら、反応に困るでしょうし、聞いているだけで暗い気分になるはず。


また、「そんなことないよ」と言われるのを待っているような感じもするので、鬱陶しくも感じることでしょう。


自分で自分のことを悪く言うのは、魅力を半減させることにもつながるので、気になる男性からも好意を持ってもらいにくくなってしまいますよ。


「わかってくれない」とよく言う


「何もわかってくれない」とか「わかってよ」と女性に言われると、男性はげんなりしてしまうでしょう。


そもそも男性と女性では、考え方も価値観も大きく違っているので、わかり合えない部分のほうが多いもの。


そのうえ、多くの男性は察することが苦手なので、女性の気持ちや感情を読み取るのは至難の業。


本当にわかってほしいのなら、きちんと口に出して伝えるべきですし、ただ察してほしいという思いを押しつけるのは、面倒に思われる行為でしかありませんよ。


すぐ「自分の話」にすり替える


何の話をしていても、すぐに自分の話にすり替えようとする女性と一緒にいたら、男性はイライラが募るはず。


自分のことしか考えていない女性とか、自分が中心じゃないと気が済まない女性、といった印象も持つことでしょう。


気になる男性といるときには、たくさん話してアピールをしよう、という考えにもなるのかもしれませんが、自分だけが満足するのでは意味がありません。


一緒に会話を楽しむことが何よりも大事なので、男性の話にもきちんと耳を傾けるようにしないと、敬遠されるようになってしまいますよ。


とりあえず「否定」をする


とりあえず「否定」をする


「それは違うでしょ」「そうじゃなくてさ」「そんなことはないでしょ」。


そんな風に、とりあえず否定から入りたがる女性と話していたら、男性は心の底から「めんどくせぇな」と思うはず。


違うと感じる意見には、もちろん反論をしてもいいのですが、なんでもかんでもまず否定をするのは、反感を買うだけでしょう。


男性の意見も受け入れたうえで、「私はこういう風に思ったけどね」といった言い方であれば、ちゃんと自分の考えを持っている女性だと感じてもらえます。


おわりに


面倒に感じる女性は、男性が最も敬遠してしまう女性でもあるでしょう。


それでは恋愛相手としては見てもらえなくなるので、何気なく取っている言動も、気をつけるようにしたほうがいいですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ