ジョン・カビラ、喉のポリープ除去手術でラジオ出演見合わせ「治療に専念いたします」

ジョン・カビラ、喉のポリープ除去手術でラジオ出演見合わせ「治療に専念いたします」

 キャスターのジョン・カビラ(61)が、喉のポリープ除去手術により自身がパーソナリティを務めるJ-WAVE『JK RADIO TOKYO UNITED』(毎週金曜 前6:00~11:30)の出演を見合わせていたことが2日、分かった。1日の放送は、ハリー杉山が代役を務めた。



■ジョン・カビラのTV出演歴



 同番組のサイトは「番組からのお知らせ」と題し、「声帯炎による喉の不調でお休みのジョン・カビラですが喉にポリープが見つかり、手術と治療のため、今後しばらくお休みとなります」と報告。



 ジョン・カビラは「声帯炎のカビラ、今後のことを鑑み、ポリープ除去手術に臨みます。当分お休みをいただくことになります。お見舞いコメント感謝です! 皆さまもplease stay safe, healthy and HOME! ALL THE BEST & PEACE! JK」とメッセージを寄せている。



 また自身のツイッターでは、30日に「一ヶ月ほど喉が不調で、ご指摘&ご心配いただいておりました。恐縮です! 声帯炎発症で治療に専念いたします。#ハリー杉山 さんと5時間半お楽しみください。Go Harry! 皆様もstay safe, healthy and HOME! では、5/8に!JK」と投稿していた。



 今日2日には「皆さんGW中、安全第一にお過ごしのことと思います。私は喉の治療中でほぼ無声状態です。声が出せずさみしいので公式インスタグラムを始めました。よろしくお願いします。Stay safe, healthy & home! All the best & Peace!」とつづっている。
カテゴリ