実はNG?年上男性が「ちょっと微妙」と感じる女性からのアプローチ

実はNG?年上男性が「ちょっと微妙」と感じる女性からのアプローチ

年下女子を、自然に恋愛対象として見る男性は多いもの。


年上男性には素直さ、かわいさをアピールしやすく、自然体でいられるという人も多いでしょう。


けれども、間違ったアピールで、年上男子に距離を感じさせてしまう、残念なケースもあります。


年上男性が苦手な「NG行動」とは、いったいどんなものがあるのでしょうか?



いつでも甘えまくる


「年下の彼女が甘えてくるのってかわいいけど、自分にも余裕がないと、ちょっとウザく感じることもありますね……。

仕事が忙しいときとか、疲れているときも遠慮なく甘えてこられると、癒されないなー」(30歳・男性)


年上男性は、甘えられるのに弱いと思いきや、そうとも限らない様子。


それなりに年齢を重ねて、仕事でも責任を要求されるようなポジションにいる男性の場合。


女子に一方的に甘えられるのが負担になったり、自分の世界がなく何かと彼を優先する女子のことを、退屈に感じたりすることも……。


人前でベタベタ甘えないのはもちろんですが、彼が「忙しいとき」「疲れているとき」の甘えには注意が必要です。


すぐ結婚の話をする


「結婚したいアピールが激しすぎると、『結婚したいから年上の自分に来たのかな?』と、ちょっと疑ってしまう。

遊びで付き合ってるわけじゃないけど、結婚となると慎重になるのが普通じゃないかな」(28歳・男性)


若くて結婚願望が強い女子が、年上男性に結婚をせかした場合。


「まだ彼女は若いのだし、自分よりもほかの結婚願望のある人と、一緒になった方がいいのでは?」と、むしろ別れの方に考えがフォーカスしてしてしまうことも……。


また、ある程度の年齢の男性があえて独身でいる場合、一人の生活に価値を見いだしているからこそ……というケースは少なくないので、ごり押しはやめましょう。


「知らない」アピール


「『なにも知らない年下が好きだから』って理由で、年下の女子と付き合う男って、そんなに多くないですよ。

ちゃんと会話が成り立つ人のほうが、刺激になるし癒やされる面もある。


かわいい子でも、なんでも『知らなーい』で済まされると、将来までは考えられないな……と思ってしまいます」(27歳・男性)


「男性は教えるのが好きだから」と、なんでも質問したり、聞かれたことに深く考えもせずに、「わからない」なんて答えたりしていませんか?


親しくなるにつれ、年上の彼からも相談をされたり、なにかを聞かれたりするシーンも出てくるでしょう。


そんなとき、彼らが求めているのは、わからないなりにでも、きちんと考えて答えてくれる真摯な態度です。


「知らない方がかわいいでしょ?」と、わからないフリをしたり、よく考えずに答えたりするなどの態度は、彼らを失望させますよ。


上司のように接しすぎ


上司のように接しすぎ


「年の差があっても、彼女になれば立場は対等だと思ってます。


なので、いつまでも、必要以上に堅い敬語を使われたり、『年上なんだし、奢ってよ』みたいな態度だったりする子は疲れます。

上司と部下じゃないんだから……」(31歳・男性)


このケースのように、年上男性に対する距離感をつかめない女子、少なくない様子。


また、5歳以上年齢差がある場合は、「彼の趣味」「学生時代の話」などに出てくるアイテムに対して、安易に「知らなーい」と言わないようにしましょう。


その一言で、「おじさん扱いされてる」「合わない」と感じさせてしまうことも……。


接し方に迷ったら「敬語じゃなくてもいいですか?」「私も払います」など、女子のほうから、年上男性に加減を聞いてしまったほうが、スムーズに打ち解けられるでしょう。


「若くてかわいい」は前提として


年上男子を落とすなら、かわいさだけに偏らず、人間的な魅力のアピールがマスト!


そこに若さとのギャップがあれば、年上男子を虜にできるはずです。


「大人な自分」を見せてみましょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ