TDR、臨時休園期間延長を発表 「社員の一時帰休」「役員報酬」の対応も報告

TDR、臨時休園期間延長を発表 「社員の一時帰休」「役員報酬」の対応も報告

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは8日、新型コロナウイルス感染拡大の状況ならびに政府、自治体からの要請などを踏まえ、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(千葉・浦安市)の臨時休園期間を延長することを発表した。



【イメージ画】2020年オープン…TDL新エリア「美女と野獣」外観&内装



 先月9日には、両パークの再開時期については5月中旬に判断するとしていたが、緊急事態宣言の延長を受け、今後についても政府、自治体の休業要請が解かれた段階で再開時期を判断する。なお、東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業時期は、両パーク再開後の状況を見て決定するとしている。



 また、休園期間延長とともに、2月29日以降、2ヶ月以上臨時休園が続いていることを踏まえ、雇用維持に資する施策の一環として社員の一時帰休、役員報酬の自主返納などを行うことも報告。



 社員の一時帰休については、対象者を「社員、嘱託社員、テーマパークオペレーション社員」の約5400人とし、実施方法は「勤務日数のうち月4日を休業日とし、休業日については賃金の一部を支給する」。実施期間は「2020年5月18日からパーク再開まで」とした。



 役員報酬においては「臨時休園した翌月の報酬から自主返納を行っております」と伝え、「今後につきましても状況に応じて、更なる減額等を検討いたします」とした。
カテゴリ