憧れの女優さんみたいな愛され顔になりたい♡「犬顔」っぽく仕上げるメイクのコツって?


いま人気の女優さんやモデルさんの中には、「犬顔」タイプの人が多く見られます。潤んだ瞳やかわいい笑顔が魅力的ですよね。今回はそんな犬顔っぽく仕上げるメイクをご紹介します。



いくつかのポイントを押さえるだけで、愛され顔に近づけちゃいます♡



犬顔の特徴って?



・顔の形が面長や卵型

・鼻筋が通っている

・黒目がちで潤んだ瞳

・唇は薄め

・真顔より笑顔がかわいい

・頬がややふっくらしている



犬顔の特徴としてこれらのポイントが挙げられ、かわいいパーツが多いことがわかります。



どちらかというと、幼い顔立ちの人が多い印象です。



愛くるしい子犬メイク




illustration by machi



永野芽郁さんや広瀬すずさん、有村架純さんなどをイメージした「子犬のような愛くるしいメイク」に挑戦してみましょう。



メインはアイメイク。



目尻に重心を置く垂れ目メイクをベースとしながらも、下まぶたに濃い色は入れずピュア感を残すのがポイント。目尻側にブラウンのペンシルアイライナーで図のようなラインを引いて、垂れた目を演出することで、“愛くるしさ”を強調します。



眉は自然さがポイントになるので、自眉の形に沿ってパウダーでふんわりと。



リップのポイントは形。下唇を大きめに塗ることで人相学的に「愛される唇」を意図的に作り、子犬のような“愛してオーラ”全開に♡色は好みやファッションに合わせて選びましょう◎



お仕事にもおすすめ!犬顔美人メイク




illustration by machi



犬顔さんはかわいい系統ばかりではありません。広瀬アリスさんや川口春奈さん、石田ゆり子さんなど美人系の犬顔さんもたくさん。



子犬メイクとの違いは眉です。



かわいいパーツが多い犬顔さんに凛とした雰囲気を出すには、キリッとした眉がポイント。形は自眉に合わせるか、ペンシルを使いしっかりとアーチ型の眉を描きます。



チャームポイントの黒目がちな瞳を強調するために、アイメイクはブラウンやベージュのアイシャドウを使ってグラデーションを作ります。



また、凛とした大人っぽさを出すもう一つのポイントが鼻筋を強調すること。ノースシャドウを使って美人度をアップさせましょう♩



愛され犬顔メイクに♡




illustration by machi



いかがでしたか?顔のパーツが犬顔の特徴に多く当てはまるという人は、ぜひ挑戦してみてください!



カテゴリ