『家、ついて』史上初の4時間半SP 片岡愛之助が自宅からリモート出演

『家、ついて』史上初の4時間半SP 片岡愛之助が自宅からリモート出演

 テレビ東京系で毎週水曜に放送されている『家、ついて行ってイイですか?』。あす13日は、午後6時25分から、番組史上最長となる4時間半スペシャルを放送する(~後10:54)。外出自粛で一切、街頭インタビューできない歴史的状況下で、さまざまな裏技を駆使して、日本・アメリカ・中国の「いま」を切り取る11の人生ドキュメントを届ける。しかし、番組は基本バラエティー。「こんなご時世だからこそ、爆笑しながらみてもらえれば」と訴えている。



【写真】ファーストサマーウイカもリモート出演



 目玉は、番組初の企画「家、2週間見せてもらってイイですか?」。コロナで外出自粛中、人生が激変した3人のドキュメント。



 一人は、1年4ヶ月前に取材した埼玉に済む女性。生まれつき両耳が不自由だが、いつも笑顔で明るい22歳の彼女は「今、何してる?」。彼氏ができて、ひたすら外出自粛を喜んでいた!?



 2人目は、アメリカ・ロサンゼルス。2年前に取材した、作曲家を目指す19歳日本とメキシコのハーフ大学生。アメリカからドイツに留学中、 コロナにより帰省を余儀なくされた。彼が3歳の時、両親が離婚し母親に引き取られたが、その母は彼が16歳の時亡くなっていた。アメリカに帰る家がなかった彼は、3歳の時に離れ離れになった父のもとに戻ることに。そこには、義母とあらたな家族が住んでいて…。そこで、思わぬ化学反応が!



 3人目は、「Hey! Say! JUMPの山田涼介が好き」で来日していた活躍中の中国人モデルの女性。彼女は、世界が最も注目する都市、中国・武漢に住んでいて、76日間家からでれなかった都市封鎖を経験。武漢は日本より先に、外出自粛が緩和されたが、そこには、これからの日本が味わうかもしれない「未来」のヒントが。そして、絶対訪れさせてはいけない、危険な未来への警告にも満ちていた。



 「今、何しているのか気になる…衝撃の家ベスト3」として、(第3位)横浜でオモチャに2000万円つぎこんだ元幹部自衛官の70歳の男性、(第2位)40歳で大手IT企業を脱サラし、東京から移住した北海道陸別町であえて暖房なしの家で暮らす男性、(第1位)山口県周南市の6億円の船に住む親子らの「今」を紹介。



 このほかにも、空き巣に現金200万円盗られても前向きだった、ゲームアプリ情報会社勤務の夫&サックス奏者の妻、ベリーダンスを愛する年齢不詳のダンサー、亡くなった妻と今でも晩酌をする63歳の男性などが登場する。



 番組女性MCは「自分でメイクができる方」が週替わりで務めているが、今回は、ファーストサマーウイカがその大役を引き受けることに。実は、4年前、まだブレイク前のファーストサマーウイカに番組が密着していたことが。当時はどんなだったのか。アイドルらしからぬ衝撃発言も繰り出す貴重映像も公開する。



 MCはビビる大木、矢作兼(おぎやはぎ)。ゲストの片岡愛之助も自宅からのリモート出演する。
カテゴリ