あっちもイケる?男性に「肌の相性がいい」と感じさせる方法

あっちもイケる?男性に「肌の相性がいい」と感じさせる方法

好きな人とうまくいく理由のひとつに、「相性がいい」というのがあります。


しかし、相性といってもいろいろありますよね。


精神的なもの、肉体的なもの……。


今回はなかでも、「肌の相性」に焦点を当てて、相手に自然と「相性がいい」と感じさせる方法をご紹介します。



半袖のときに腕を触れさせて


「彼女と会ったのは去年の夏。

お互いに半袖で、ふっと腕と腕が触れ合う瞬間があったんです。


そのとき、サラッとして、気持ちが良かったんですよね。

ずっとくっ付いていたいなって思いました」(25歳/IT)


これからだんだん気温が上がってくると、肌の露出も増えてきます。


すると、直に肌が触れ合うこともあるでしょう。


暑いと肌はベタッとしがちなので、こういったサラッとした感覚は好感触。


制汗剤やパウダーなどを使って、サラッとした肌が維持できるとチャンスが広がりそうです。


ハグのときに頬を触れさせて


「友だち数人で飲みに行った帰りでした。

駅で、ハグしてさよなら、みたいな流れになったんです。


そこで、ひとりの女子とハグしたとき、ふっと頬が触れたんですね。

その感覚がモチモチで……。

ドキッとしてしまいました」(26歳/通信)


女性には、男性にはない独特のカラダの柔らかさがありますよね。


男性が女性とハグをすると、そういった感覚をおぼえ心地良いと感じます。


そこでもう一歩踏み込んで、頬合わせてみましょう。


男性は心地良さを上回り、気持ち良さを感じるはずですよ。


握手やハイタッチで手の平の感触を


「友だちみんなでテニスをする機会があって。

そのとき、男女でペアを組んだんです。

そこで初めて会った女性と組むことになり、『よろしく』と握手をしました。


その手の平の感覚がすごく良くて……。

柔らかくて、吸い付くようで、相性良さそうだって感じました」(30歳/旅行)


手を握ったり合わせたりしただけでも、相性の良さって感じるものですよね。


こうやって握手をする場面なら、自然にそういう印象を与えることができます。


ほかにも、ハイタッチをするなどのシチュエーションも利用し、積極的に手を合わせていくといいでしょう。


熱をはかるときおでこを合わせて


熱をはかるときおでこを合わせて


「職場で熱っぽさを感じ、それを先輩の女子社員に伝えたら、おでこに手を当ててきたんです。


それだけでもヒンヤリして気持ち良かったんだけど、さらに、おでこを合わせられて……。

ドキドキしてしまいました」(27歳/製菓)


これはなかなか大胆な方法です。


手を当てるだけでも十分ですが、おでこまで合わせられたら効果大。


ただ、額のあたりは脂が浮きやすいので、ベタッとした印象を与えないよう、ケアして拭き取ってからおこなえるといいですね。


おわりに


肌が触れ合い、気持ちいいと感じると、男性はいろいろ妄想を膨らませます。


そして、もっともっと触れ合いたいと思うようになる。


なので、お肌のケアを欠かさず、積極的に触れて、肌の相性の良さを感じさせてあげましょう。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ