中毒性のある女性になる!「また会いたい」と思わせるモテ女子講座

中毒性のある女性になる!「また会いたい」と思わせるモテ女子講座

世の中には、「別れた彼からは必ず復縁を求められる」という女性がいます。


男性が夢中になってしまう“中毒性の高い女性”とは、いったいどのような人なのでしょうか。その特徴を見ていきましょう。



相手に印象付けるのが上手


中毒性のある女性は、男性が興味のあること(たとえば趣味)を積極的に知ろうとします。


同じ趣味を共有して、より仲良くなろうとするのです。


それが当たり前になると、彼はもう彼女の虜。彼女がいないときにその趣味を楽しんでも、横に彼女がいないことに違和感を覚えてしまうのです。


何かの記憶(ここでは彼の好きな趣味)と彼女自身が紐付けされることで、より強固な関係性を作っているのですね。


上手に彼の記憶と自分をタグ付けできるようになると、中毒性の高い女性に近づけるのかも!


まだ引き出しがありそうな女性


中毒性のある女性は、すべてを見せていないようなミステリアスな雰囲気があります。


基本的に自分のことは積極的に話さないので、彼は「もっと知りたい」と思うのでしょう。


なかなか会えなかったり、何日も連絡が取れない日が続いたりすると、多くの女性は「今日はこんなことがあったよ」と彼にいろいろなことを報告したがります。


でも、ちょっと出し惜しみしてみるだけでも「あれ?どうしたのかな」と、彼があなたを気にする時間が増えるかもしれませんね。


サクッと料理を作ってくれる女性


一人暮らしの彼の家に行った日は、簡単な手料理をサクッと作ってくれるなど、できる範囲内で彼をサポートするのが、中毒性のある女性の特徴。


大事なポイントは、自分が料理上手であることを公言していないことです。料理が作れないと思いきやサクッと作ってくれると、意外性が魅力になるかも!


料理がどうしても苦手だったら、それこそ冷凍枝豆を買ってきて、おつまみ用に用意してくれるだけでもいいのです。


ちょっとした手間をかけてくれることが、一人暮らしの男性には嬉しいようですね。


「彼女にはつい何でも話してしまう」と思われている


中毒性のある女性は、基本的に聞き上手。彼の話をじっくりと笑顔で訊き、さらに話を促します。


だから彼は何かあると、彼女に話をしたくなるのですね。


そういう女性に会えなくなると、彼はとても寂しくなって復縁を願うのかもしれません。


ちょっと抜けている


男性から見て中毒性の高い女性は、「俺がいないとダメ」な雰囲気のある女性でもあります。


でも実際は、きちんと自立していて、人に依存しないと生きていけないわけではないんですよね。


しかし男性には、ちょっと抜けている部分がかわいすぎて、「俺がいないと」という気持ちを芽生えさせるのでしょう。


彼だけに見せる顔がある


中毒性のある女性は、普段の服装はラフな姿でも、彼の前だけはかわいい服を着るなど、彼にだけ見せる特別な姿があります。


彼女の“特別な姿”を知った彼は、彼女にとっての“王子様”になれたかのような気分に浸れるのでしょう。


中には「ふたりきりになると、すごい甘えてきてかわいい」とデレデレになっている男性もいるようです。普段の彼女は彼を尻に敷いているような雰囲気でも、ふたりきりのときは違うのだとか。


そのようなギャップが、男性の独占欲を満足させるのかもしれませんね。


(なつくま/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ