あなたのLINEを「地名+…」の登録名にしている男性の本音

あなたのLINEを「地名+…」の登録名にしている男性の本音

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。


僕に寄せられる相談で、「こっそり、彼氏のLINEを見たら、自分の登録名が恵比寿○○だったんです、これってどういう意味なんですか?」というものがありました。


皆さん、こんなシチュエーションに遭遇したら、正直ショックですよね。


今回は、この男性がつけたLINEの登録名の謎について解説したいと思います。



1、遊び人の男性に多いテクニック


LINEに登録してある自分の名前を、本名で登録している人は少ないですよね。だいたいが、下の名前だけや、横文字、あだ名などが多いです。


また、アイコンも自撮りのものを使ってる人や、景色だったり、イラスト、意味不明のマークだったり、識別するのがこれも一苦労。


だから、LINE交換をすればするほど、あとで見返した時に、「あれっ、これ誰だっけ?」となって考え込んでしまうことがあるんです。


だから、LINE交換頻度の高い男性=よく女性とLINE交換をしている遊び人タイプは、初めて出会った場所(例・都道府県、街名)や、職業(例・CA、ナース)あとは、出会った日付けなどを、とりあず登録名につけて、LINEが来たときに、出会ったときのシーンを回想しながらコミュニケーションをとるテクニックを自然と使っているんです。


2、本命では無い


僕に質問してきた女性の場合も、一応自分では彼女という認識はあるものの、まだLINEの登録名が「恵比寿○○」から直されていなかったということは、僕が思うに本命では無く遊ばれている可能性があるのかなと疑ってしまいました。


知り合ったときはまだ本命では無くても、ある程度デートを重ねて本命に昇格すれば、LINEの登録名はもし見られたとしても、失礼じゃない名前に更新するはずですからね。


3、LINEの登録名につけておくと便利なワード


LINEの登録名につけておくと便利なワードを皆さんに教えますね。それは、「誕生日」。


僕は、大切な人のLINEの登録名には、「誕生日」を必ずつけてます。


そうすることで、大切な人にいち早くバーズデイLINEを送ることができます。これは、かなり使えるテクニック。


「Happy Birthday LINE」を送ると、「なんで知ってるの?」と喜んで返信がきます。


誕生日は、誰にとっても特別な日。覚えてくれてるのとくれていないのとでは、大きな差が生まれるんです。


だから、自分が好意を寄せる相手の誕生日は、忘れないようにLINEの登録名に追記しておくといいですよ。


最後に


LINEの登録名について、悪い事例と良い事例を紹介しました。


昔と違って、簡単にLINEを交換して友達が増やせる時代です。


登録したリストの中には、今となっては誰だかわからない人が、一緒に埋もれてます。


意外とコンスタントに連絡している人って一握りですからね。


もし、彼氏が出来たら、恐る恐る自分の登録名をのぞき込んみるのも、本命かどうかを見極める目安になるかもしれません。


(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ