どんなに優しくてデキるとしても…「付き合わない方がいい」男性の言動

どんなに優しくてデキるとしても…「付き合わない方がいい」男性の言動

好きな男性とお付き合いできたら、もうこの上ない幸せですよね。


でも相手選びを間違えてしまうと、その幸せも長くは続かないかもしれません。


むしろ悩みが倍増してしまい、恋愛はおろか男性が苦手になってしまうことも……。


そこで今回は「交際はおススメしない男性の言動」についてリサーチしてみました。



ノリがよすぎる


「昔新歓で出会った、ノリのいい先輩と交際したけれど、案の定浮気されましたね。

しかも同じサークル、バイト先、高校時代の元カノと色んな子と繋がっていたみたいで。


入学早々失恋して、心身ともにズタボロだった記憶があります」(24歳/販売)


全員がそうとは言いませんが、ノリがいい男性は浮気をする可能性も高くなります。


誰にでも気軽に話しかけたり、話が上手なことも多かったりするので、やっぱりモテるんですよね……。


彼を好きになるきっかけは「ノリのよさ」でもいいでしょう。


でもそこだけに惹かれて付き合うのではなく、もっと彼を知ることが大切!


「盛り上げ役にもなれるけれど、意外と一途なんだな」など安心できる要素が見つかれば、交際もいい方向に向かうかもしれません。


その気はあるんだけど、ハッキリしない


「SNSで知り合った男子は、私の家の近くまで来てくれたし、好きと言ってくれた。

でも実は、ほかの女性に未練があるらしく、私との交際には踏み切れないみたいで。


全部素直に話してくれたから、もう少し待ってみようと思うけれど、正直不安でいっぱいです……」(21歳/大学生)


「好きです。付き合ってください」で始まる交際が理想ですが、若い頃って気持ちがぐらつきやすいので、いろいろ順調にいかないことも多いもの。


傍から見たら「キープされているんじゃない?」と思うような関係でも、男性も自分のことで精いっぱい。


そのため実はあまり深く考えておらず、無意識に女性を振り回している場合も……。


でもこれが一番厄介で、仮に付き合えたとしても「やっぱりあの子が忘れられない」と言い出すおそれもあります。


最初からハッキリしない男性との交際は、やめておいたほうが無難かもしれません。


主張が激しい


主張が激しい


「元カレはたしかに頭のいい人でした。

でも柔軟性がないというか、自分の意見は絶対に間違っていないってタイプで。


だから彼に同調しないと不機嫌になる。

その生活にウンザリして、私から別れを切り出しましたね」(23歳/営業事務)


こちらはいわゆるプライドが高いタイプ。


否定をすればイライラしはじめるので、女性はなかなか自分の意見が言えません。


気付いたら彼の言いなりになっていることも……。


どんなにデキる男性だとしても、あまり交際はおススメしません。


おわりに


相手に寄り添えない男性は、どんなに好条件だろうと付き合う女性が苦労することが多くなります。


まだ傷が浅い交際前に関係を断って、新たな恋を探しましょうね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ