『ViVi』最新号は「お部屋に飾って可愛い」モデル表紙 初カバーのニュースターも登場

『ViVi』最新号は「お部屋に飾って可愛い」モデル表紙 初カバーのニュースターも登場

 女性ファッション誌『ViVi』モデルの八木アリサ、立花恵理、emma、愛花(エリカ)の4人が、23日発売の同誌7月号【表紙違い版】(講談社)の表紙を飾った。立花は集合以外で初、愛花は全く初めての表紙となる。



【写真】ViViモデル集結、鮮やかな衣装に抜群のスタイルで登場した八木アリサら



 通常の『ViVi』では、モデルの集合の表紙はスタジオでバリッとストロボで強めなイメージにすることが多い。しかし今回は「おうち時間を過ごす読者の方々にゆったりと読んでいただきたい」との思いから、抜け感のあるリラックスした写真をテーマに、ふかふかのじゅうたんが敷き詰められたハウススタジオを一棟借り切っての撮影となった。



 スタジオに一番最初に入ってきた愛花は緊張の面持ち。スタッフの打ち合わせも覗きながら「表紙はこうやって作っていくんですね」と真剣な眼差しで見ていた。全員のヘアメイクが終わっていざ表紙撮影がスタート。4人そろうとかわいさも4倍どころか、500倍くらいに感じられ、スタッフ一同「この4人組本当にかわいいね」「みんなが集まるとパワーが増すね」とため息を漏らしたという。



 息の合ったメンバーなので、モデルたちも画面をチェックしながら、「もうちょっと脚こっちの方がいいかな」「少し体起こしていた方がきれいかな」と話し合いながら、自分たちでどんどんフォーメーションを整えていった。ほんの微差ながらよりいいモノを追求する姿は、まさにプロモデル。



 何枚も何枚も撮影した中から選ばれた、「いつもより、ちょっとだけ優しさのある」一枚。カバーデザインも部屋に飾っていただきやすい仕様になっているので、おうち時間のお供に、手に取って見てみたくなる一冊となった。



 また、同号の通常版の表紙を飾ったのは、人気グループ・Sexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀の最強バディ。巻頭の12ページ特集とともに、読者にHAPPYを届ける。
カテゴリ