好感度アップ!思わず男性のテンションが上がる愛情表現

好感度アップ!思わず男性のテンションが上がる愛情表現

好きな人に好意を伝えたいけれど、重い女だと思われるのが嫌で、積極的になれない……と悩む女性は少なくないはず。


一体どんな愛情表現なら、男性に喜んでもらうことができるのでしょうか。


今回は、思わず男性のテンションが上がる、好感度の高い愛情表現の方法をご紹介! 


うまく気持ちを伝えられないという人は、ぜひ実践してみてください。



なんでもない日に短い手紙を書く


チャットや電話でいつでも連絡がとれる時代だからこそ、手書きのメッセージは特別。


なんでもない日に日頃の感謝や相手の好きなところを綴った手紙を渡せば、キュンとしてもらえること間違いなしです。


便箋1〜2枚くらいが、重すぎずちょうどいいボリューム!


付き合っていない相手には、ちょっとしたお礼でコンビニ菓子か何かを渡すときに、1~2文メッセージを書いたポストイットを添えるくらいがベストです。


「いつもありがとうございます!」「仕事ぶり尊敬してます!」とポジティブな言葉を伝えると、好感度が上がるでしょう。


ただし、「好きです!」「横顔がかっこよくて見惚れます!」などは、唐突すぎて、付き合っていない相手には重いかも……。


相手との関係性に合わせて、文面やボリュームを調整しましょう。


彼がリクエストした料理を作る


定番ですが、彼がリクエストした料理を作ってあげるのも、喜ばれる愛情表現の手段! 


手作りは時間も手間もかかっているぶん嬉しいものです。


おうちデートの前に「何が食べたい?」と、聞いてみましょう。


まだそこまで親密な仲でない相手なら、みんなに配る「おやつ」として、手作りのお菓子やパンを振る舞うのがおすすめ。


事前に「〇〇さんって焼き菓子なら何が好きですか?」「どんなパンが好きですか?」と聞いておくと、みんなに配ったものでも、ほどよい特別感が出せます。


「もしかして俺の好みに寄せてくれた…?」と、あなたの好意を意識してくれるかも。


些細なことで褒める


好意をわかりやすく届けたいのなら、「かっこいい!」「すごい!」と、彼をたくさん褒めるのが確実。


ポイントは、何か大きな出来事があったときだけ褒めるのではなく、些細なことでもいいので、こまめに、こまめに褒めることです! 


「この子は俺のことをよくわかってくれているな」と、感じてもらえますよ。


褒められて嬉しくない人なんて、そうそういないので、もったいぶらずに褒め言葉を駆使しましょう!


愛情は小出しにすれば重くない!


愛情をストレートに表現してくれる女の子は、男性からすると愛おしい存在。


相手との距離感さえ見誤らなければ、「嬉しい」と感じてもらえることがほとんどです。


それでも相手にどう思われるか気になっ、躊躇してしまうという場合は、愛情を小出しに表現してみてください!


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ