これは脈あり!男性が好きな子にしかできない3つのこと

これは脈あり!男性が好きな子にしかできない3つのこと

恋愛初期や交際初期って、「彼は律儀で優しいだけ?それとも好意?」「本当に彼は私のことが好きなのかな?ただ草食系なだけ?」と、彼の言動であれこれ考えてしまうことも多いもの。


だって、好意だと思っていたけど、実際は単なる親切心だった……。


そんな勘違いをしてしまうのは嫌ですよね?


けれど、彼の愛情はちゃんと行動に表れているでしょう。


そこで今回は、好きじゃないとできなことをご紹介します。



苦手なLINEや電話にも付き合う


終わりの見えないLINEや長電話が大好き!って男子はあまりいません……。


特に、働き盛りで忙しい人はなおさらでしょう。


ただ、相手が好きな子or大事な彼女となると、好きな子と距離を縮めるため、または彼女を悲しませないために、苦手なLINEや電話に付き合う男子も多いです。


かまってちゃんや寂しがりやは別として、好きって感情がないと、普段からマメに連絡なんてそうできません。


もし、忙しくても必ず返信をくれるし、不安な時や寂しい時には長電話にも付き合ってくれるというのなら、しっかり好かれていますよ。


デートは彼女の「好き」や「楽しい」を優先


デートは自分の行きたい場所や食べたい物よりも、彼女(or好きな子)の行きたい場所や、食べたい物を優先させる男子も多いです。


そう、好きだと自分の欲よりも、相手の「好き」や「楽しい」を優先させてあげようと、自然に思えるでしょう。


彼とデートできているけど、いつも彼の行きたい場所ばかりで、私の意見は全然聞いてくれないというのなら、ちょっと危ないですね。


彼とデートができること自体より、どんなデートなのか内容の方が大事でしょう。


否定するにしても、かなりやんわ〜り


好きな子にキツい発言をする男子って、そういないですよ。


小学生並みの精神年齢ならありえますが、大人なら仮に否定するにしても、かなりやんわり伝えるでしょう。


例えば、好きな子が自分と違う考えや価値観だとしても、頭ごなしに「いや、それはないな!」「その考えは違う!」などストレートに否定はしません。


「そういう考えもあるね。ただ僕は」と相手の意見を受け入れた上で、自分の意見を述べるでしょう。


本当に好きなら、意見を言うにしても傷つけないよう配慮するはずです。


恋すると相手ファーストになりがち


多くの人は、本当に好き相手には「相手ファースト」な行動をとるでしょう。


もし、意中の彼や彼氏があなたを優先してくれることが多いのなら、あなたは彼の大事な人なので安心してください。


男子の中には、「好き」とか「愛している」という言葉や、キス・ハグなどの分かりやすい愛情表現でなく、彼女を受け入れ優先させるという愛情表現の人も多いですよ。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ