じつはキケン?優しいけれど「彼氏にしないほうがいい」男性の特徴

じつはキケン?優しいけれど「彼氏にしないほうがいい」男性の特徴

彼氏にしたい男性の条件で「優しい」は、いつも上位にランクインする要素の1つです。


優しい男性は一緒にいて居心地がよく、とても魅力的ですよね。


しかし、その優しさも角度を変えて見ると、危険要素かも?


今回は、優しいけれど彼氏にしないほうがいい男性の特徴を紹介します。



誰にでも優しい


「すごく優しい職場の先輩と付き合っていました。

でも付き合った後も、先輩が優しくしてるのって私だけじゃなかったんです。


他の子にも優しくする先輩を見るたびに、嫉妬するのに疲れて、自分から別れを切り出しました」(24歳/メーカー勤務)


誰にでも優しく接することができる男性は、一見魅力的ですが、付き合うと浮気の不安や嫉妬などで、気苦労が絶えないかもしれません。


恋愛するなら「自分だけに」優しくしてほしいもの……。


彼の優しさが結局は八方美人なだけでないか、付き合う前に見極めましょう。


本当に優しい男性なら、愛する彼女だけに優しくできるはずです。


自分の意見が言えない


「なんでも私の言うことに同意してくれる彼に、最初は居心地のよさを感じていました。


でも、何を聞いても『なんでもいいよ』しか言わない彼に、だんだんムカついてきて。

優しいと思ってたけど、自分の意見が言えないだけの人でした」(26歳/看護師)


デートのプランや食べたいものなど、付き合うと2人で決めることも増えていきます。


何も考えていないのか、意見の相違を恐れているのか、理由はどうあれ「なんでもいいよ」と言ってしまう男性には要注意。


付き合う前に、彼にいろんな質問を投げかけてみて、どんな意見が返ってくるかチェックしてみてくださいね。


頼まれると断れない


頼まれると断れない


「私のわがままも聞いてくれる彼のことが大好きでした。

でもある日、彼に借金があることが発覚。


金額は大したことなかったんですが『困ってる人に頼まれて断れなかった』と。

悪い人じゃないけど、お付き合いは無理だと思い別れました」(25歳/保育士)


幸せに生きていくには、ときに無情と思われようとも断る強さが必要です。


なんでも断れない彼は、女性関係やお金関係でトラブルが発生する可能性大。


仕事でもオーバーワークになりがちです。


わざと無理なお願いをしてみて、彼がどんな反応をするかチェックしてみてくださいね。


その優しさ、リスクじゃないか見極めて!


悪気はなくとも、ときに優しさが原因でトラブルに発展することもあります。


優しいけれど不安や気苦労が絶えないのでは、幸せな恋愛とはほど遠いでしょう。


ときには冷たく感じられても、それが本当の優しさの場合もあります。


彼の優しさが将来的にトラブルの元とならないか、一歩引いた目で見てみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ