どんな意図があるの?男性がわざわざ電話をかけてくる理由

どんな意図があるの?男性がわざわざ電話をかけてくる理由

LINEでもいいような不要不急の話なのに、電話をかけてくる男性っていますよね。


「もしかして私のこと好きなのかも……?」と期待してしまう反面、本心がわからずモヤモヤした気持ちも残るでしょう。


そこで今回は、電話をかけてくる男性の心理を解説。気になる彼がどのパターンに当てはまるのか、見極める際のポイントもお教えします!



電話をかけてくる理由①誰かに構ってほしい


自ら電話をかけてくる彼は、とにかく誰かに構ってほしい、淋しがり屋さんの可能性もあります。


恋愛感情はないけれど、優しいあなたなら通話相手になってくれると思ったのかも。


こういったタイプの男性は、 ほとんど毎回といっていいほど、あなたを頼ってくるのが特徴です。勉強の相談や、仕事の愚痴、人間関係の悩みなどを打ち明けてくることが多いでしょう。


逆に、あなたを口説くようなセリフや、思わせぶりなセリフは言いません。


電話をかけてくる理由②友達として話したい


「友達として仲がいい」という理由で、あなたに電話をかけてくる男性もいるでしょう。


あなたが友達に「遊ぼう」と誘うときと同じで、特に深い理由や目的はなく、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っています。


この場合は、ほとんど、たわいもない会話で笑って終わるのが特徴。たまに真剣な相談をしてくることもありますが、一方的に頼るのでなく、あなたが困っているときには、すぐに手を差し伸べてくれます。


逆に、あなたの気持ちを探るような質問や口説き文句は言ってこないでしょう。


電話をかけてくる理由③あなたに好意がある


電話をかけてくる理由③あなたに好意がある


あなたに好意があるから「電話をしたい」と言ってくる男性もいます。


好きな人の声を聞きたくなる気持ちは、なんとなくわかりますよね。


あなたに好意があるか見極めるには、通話中に恋バナを持ちかけてくるかどうか、あなたから「電話をしたい」と言ったときに快く応えてくれるかどうか、がポイント。


他の誰かではなく“あなた”と話したいと思っている人は、仮に都合がつかなかったとしても、必ず代わりの日時を提案してくれるはずですよ。


電話をかけてくる理由④とにかくモテたい


相手をその気にさせて、モテている気分を味わいたいがために「電話をしたい」と言ってくる厄介な男性もいます。


あなたが自分に惚れてくれるよう仕向けたいので、口説いたり、思わせぶりなセリフを言ってきたりしますが、思いやりはないですよね。


電話をするのは自分の都合のいいときだけ。あなたのお願いを聞いたり、困ったときに助けたりといった、手のかかることはしてくれないでしょう。


彼の心理は、通話中の話題で見極められる!


電話をかけてくる男性の心理を見極めるポイントは、通話中の話題。


相手の意図が気になってモヤモヤするという人は、注目してみてください!


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ