『第2回 美笑女グランプリ』開催延期 新型コロナウイルス影響で「困難と判断」

『第2回 美笑女グランプリ』開催延期 新型コロナウイルス影響で「困難と判断」

 “笑顔で人々を幸せにする”をコンセプトに、笑顔のステキな女性マルチタレントを発掘するオーディション『第2回 美笑女グランプリ』の開催延期が18日、吉本興業から発表された。



【写真】新世代くびれ女王としてスレンダーボディを披露した高野渚



 同社は「エントリー受付を開始しておりました、『第2回 美笑女グランプリ』に関しまして、現在、国内外で発生しております新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を鑑み、協議を重ねた結果、オーディションの開催は困難と判断し、延期することといたしました」と発表。「オーディションの開催予定時期は未定となり、開催日程が決まりましたらお知らせ致します」と開催の見通しが立っていないことを説明し、これまでの応募は無効に。データは破棄される。設けられている年齢制限に関しては、延期に伴い「考慮させて頂く予定です」としている。



 最後は「オーディションへ参加を予定されていた皆様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と結んでいた。



 現在、全国に15個の劇場を持ち、年間5000本以上の番組を制作、沖縄国際映画祭や京都国際映画祭などイベントも数多く開催し、所属タレントは6000人以上の吉本興業がアイドル、女優、モデル、バラエティータレントの枠を超えて活躍できる「笑顔がすてきな女性」、「笑顔で人々を幸せにできる女性」を発掘するオーディション。今年は4月9日から募集を受け付けており、審査を経て、9月12日に大阪・YES THEATERで最終審査を行う予定だった。



 応援サポーターはお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介、NMB48の吉田朱里。今年は新たに「吉田朱里賞」も新設されていた。
カテゴリ