“中国出身の黒髪美女”ロン・モンロウが『テラスハウス』新入居者に

“中国出身の黒髪美女”ロン・モンロウが『テラスハウス』新入居者に

 フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作し、Netflixにて配信中の人気リアリティー・ショー『TERRACE HOUSE 2019-2020』第42話が19日、配信される。これまで『テラハ』を盛り上げてきたロシア人美女のビビ(ラズドゥミナ・ヴィオレッタ)が卒業。代わって、中国出身の女優・ロン・モンロウ(別名・栗子)が新入居者として参加していることがわかった。



【写真】テラハ入居!「最強すぎる」テニスウェアや制服姿を披露するロン・モンロウ



 入居前、とある中華料理店にて話すロンは来日して1年8ヶ月。日本語は勉強中ということもあり、まだつたないが日本に住み慣れてきて、もっといろんな国籍の人と住みたいという意思から、テラスハウスに入居すると友人に伝える。彼氏は来日してから出来ていないと話し、翌日に控えた入居は楽しみもありつつ緊張している様子だった。



 代わってやってきたロンの入居当日、新メンバーが来ると知らない現メンバーの玲生と志遠は、突然のインターフォンに色めき立つ。また夢と花も女子部屋から降りてきて、俊幸(新野俊幸)以外のメンバー達に迎え入れられたロン。やわらかい雰囲気と可愛い笑顔に男性メンバーはうれしそう。中国語を勉強中だという夢も教えてもらえると喜ぶ。



 さらに志遠は、ロンがインスタグラムで、日本語を勉強するために毎日日記をストーリーズにアップしているのをたまたま見て自分も書き始めたと告白。自分のこと、そして日記のことを知ってくれていることにロンは素直に喜ぶ。また志遠が自己紹介時に、モデルと俳優を目指していると話すと、ロンはすかさず「イケメンですよ~」と褒め、志遠は照れた様子。芸能と日本語の勉強、そしてゆくゆくは役者業にも興味を持っているというロンは、俳優志望の志遠に向かって「一緒に頑張ろう!」と明るく語りかける。



 来日のきっかけについてロンは、大学1年の時に中国のオーディション番組で優勝するも、会計学を勉強中だったこともあり芸能界入りはしなかったが、卒業時に日本の芸能事務所からオファーがあり、日本が大好きだったこともあって来日を決心したという。特に日本のドラマとアニメが好きだと話すも、まだ来日して1年8ヶ月しか経っていないため、日本語をたくさん教えて欲しいとお願いし、メンバーも喜んでと言わんばかりの様子だった。



 さらにテラスハウス入居のきっかけは、日本に来てずっと一人暮らしだったため、みんなと住みたい、そして生の日本語を学びたいと話し、メンバー達から改めて拍手で迎え入れた。最後、ロンは「楽しい! うれしい!」と入居出来た喜びを爆発させ、志遠はその姿を温かい目で見つめた。志遠とは、同じ会計学を専攻していたこともあり、初日から共通点が多い2人。志遠は想い人であったビビが卒業し、心機一転、新たな恋が出来るのか。そしてロンは来日して初めての恋愛が出来るのか。ロンがテラスハウスに新しい風を巻き起こすかも…?



 なお同番組では現在、新型コロナウイルス感染防止のため撮影を休止しており、4話限定で配信中。第42話ではスタジオメンバーとして山里亮太(南海キャンディーズ)のみが参加。第43話(26日)、44話(6月2日)は山里とトリンドル玲奈の2人で台本のない日々を見守る。
カテゴリ