これはやっちゃダメ!男性が困惑するNG行動

これはやっちゃダメ!男性が困惑するNG行動

急に好きな人から距離を置かれたり、冷たく対応されると、本当に辛いですよね。


こうした時は、無意識に男性を困惑させているのかもしれません。


そこで今回は、男性が困惑するNG行動をご紹介。


男性側の負担を減らせば、「魅力」や「楽しさ」に気付いてもらうきっかけが増えます。


恋愛にプラスになるコミュニケーションへ繋げましょう。



男性に完璧を求める


誰しも“理想の男性像”を持っているのではないでしょうか?


ですが、どんな男性も長所・短所があって、短所を受け入れてもらえないと疲弊する原因に……。


男性に完璧を求めすぎれば、「俺には荷が重い」「素が出せなくてしんどい」と感じさせます。


メリットだけに目を向けるのは、男性からすると「欲しがり」。


「相手を変えよう」「相手を理想に近づけよう」と思うと、意図せずとも相手の人柄を否定するため、彼らしさにもしっかり目を向けましょう。


また、自分のダメなところと向き合うと、他人の欠点を受け入れやすくなることもあります。


意外と周囲にカバーしてもらっていることが多いので、“欲しがり”になった時は、自分を客観視してみましょう。


他人の意見を聞かない


恋愛すると問題になりやすい価値観の違い。


全く同じ価値観の人と出会うことはとても難しく、多くの男女はお互いに歩み寄って、居心地の良さを築き上げていきます。


この時、自分の価値観を優先しすぎると危険。彼が我慢したり孤独を感じやすくなります。


一見解決したように思えても、彼の心には“モヤモヤ”が残り続けているもの。いつか「もう疲れた」「困る」と感じる原因になるでしょう。


自分の価値観を否定したり無理に曲げる必要はありません。


ですが、他人の意見も取り入れる習慣が身につくと、視野が広がって寛容になれます。


自分から生まれる価値観だけで生きるのは大変。自分自身が楽に生きるためにも、他人の価値観に耳を傾けることは効果的です。


「ありがとう」や「ごめん」を言わない


価値観の不一致で喧嘩やすれ違いになるのは避けられません。


どちらかが我慢して溜め込む関係性よりも、上手に喧嘩できる方が良いといえます。


ですが、すれ違ったままでは心の溝が埋まらない状態に。


溝を埋めるために欠かせない言葉が、「ありがとう」と「ごめん」です。


長く続く仲良しカップルは、価値観が合わなくてもプラスαの言葉で補えています。だからこそ、素で関わりながら、円満な関係が維持できるのです。


共感の言葉を増やしたり、挨拶を欠かさなかったり、何気ない言葉がけが心を温かくしてくれます。


「自分なんて…」とネガティブ発言をする


自信が無い女性は「私そんなに可愛くないし」「モテないし」などのネガティブ発言をしてしまいがち。


男性からするととても対応に困ります。気になる人の前ではネガティブ発言を封印しましょう。


失敗談を面白く話す程度の方が、「接しやすい」「楽しい人だな」と思ってもらえます。


そして、もともと魅力を感じている場合のみ、失敗談は好印象に変えられるのです。


また、自分を卑下するよりも、相手を褒めたりプラスの気持ちを共有することが大切。


相手も心のどこかで「自分なんて……」と思う気持ちが少なからずあります。


それを忘れさせるくらい楽しい時間を過ごしましょう。


NG行動をプラスに置き換えよう


男性の心が離れるNG行動を取りそうになったら、一旦グッと堪えてみましょう。


NG行動は衝動的な時に出やすいため、10秒くらい考えると、落ち着いた思考へと変わっていきます。


また、我慢ばかりだとストレスになるので、NG行動とともにご紹介した“プラスの行動”を意識してみましょう。


NG行動をプラスの行動に置き換えて行くと、自分も相手も無理せずにいい恋愛へと近づきますよ。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ