A.B.C-Z河合郁人、初参戦の『ものまねグランプリ』で2位 ジャニーズものまねで爪あと残す

A.B.C-Z河合郁人、初参戦の『ものまねグランプリ』で2位 ジャニーズものまねで爪あと残す

 人気グループ・A.B.C-Zの河合郁人が、19日放送の日本テレビ系バラエティ『ものまねグランプリ 次世代ものまね芸人No.1決定戦&歌ものまねNo.1決定戦スペシャル』(後7:00)に出演。初参戦で5組しか残れない決勝進出を果たしたが、惜しくも2位で優勝を逃した。



【写真】『ものまねグランプリ』初参戦 河合郁人が得意のものまねを披露



 予選は『「WISH」の嵐 松本潤のダンス』、『中居正広がやりそうなダンス』、『曲終わりでポーズを決める亀梨和也』、『「仮面舞踏会」で立ち位置を移動する時の少年隊 錦織一清』、『「シンデレラガール」の時のKing & Prince・岸優太のフリーダンス』、『「ミソスープ」を歌う時のテゴマス 増田貴久の右手の動き』、『宇多田ヒカルの後ろで踊っている時に急にスイッチが入って本気で踊りだす木村拓哉』とジャニーズものまね7連発を披露。2位タイで決勝進出の舞台へ進んでいた。



 決勝でも『「Love so sweet」の時の嵐 松本潤のダンス』、『「Sexy Summerに雪が降る」の時のSexy Zone 菊池風磨のフリーダンス』、『「TIME ZONE」のイントロでギターをひく岡本健一』、『歌は木村拓哉、踊りは松本潤で嵐の「WISH」』、『KinKi Kids「Anniversary」の堂本剛と堂本光一の歌い方の違い』、『ドラムを叩きながら自己紹介するTOKIO 松岡昌宏』という歌も交えたジャニーズネタを披露。スタジオの爆笑をさらった。



 その後、審査員10人で1人50点の持ち点での審査。河合は489点で2位という結果に。感想を求められると「悔しいですね」と声を絞るように語り「また、チャレンジしたいです。まだ、ネタ600ぐらいありますから。優勝狙いたい!」とリベンジを誓っていた。



 優勝は493点を獲得したモリタク&河口だった。
カテゴリ