岡村隆史、休養後の変化明かす 石橋貴明の言葉に感謝「気持ちが戻ってきた」

岡村隆史、休養後の変化明かす 石橋貴明の言葉に感謝「気持ちが戻ってきた」

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、19日深夜放送のフジテレビ系バラエティー番組『石橋、薪を焚べる』(毎週火曜 深0:25)に出演。2010年に、約5ヶ月間にわたって休養した際、とんねるずの石橋貴明から“ある言葉”をかけられたことを明かした。



【写真】番組公式ツイッターで公開された対談の様子



 岡村は「あの時は映画をやらせてもらって、自分がなんにもできてないと思って、そうならないためにも舞台をやろうと思って、計画して。でも、台本とか直しているうちに寝られなくなって、そこから一気に気持ちが下がってしまって…」と回顧。「半年くらい休むってなった時に(石橋から)『また、やりたくなったらやったらいいし、ゆっくり休みなさい』って言われたんです。休むことで気持ちが戻ってきたというか、もう一度ちゃんとこのお仕事やりたいなと思い出したんですね」と感謝の思いを伝えた。



 岡村は続けて「自分のできること、できないことがわかってきましたし、全部背負うとしんどくなるって。あれがなかったら、ホンマに普通に今もずっとピリピリしたままやったかもしれないですね」と自身の変化を告白。「人間っぽくなったかもしれないです。抜くところを抜く。頼る時は頼る」と話していた。



 番組コンセプトは“スロー・トーク”。石橋が、ちょっと話してみたいゲストを毎回迎え、じっくり語り合う。そのテーマはゲストによってさまざまで「人生でいちばん思い出に残るあの時のこと」など。“スローフード”という言葉があるように、味わうようにスローなトークを目指す。
カテゴリ