星野源、リモート版“ほぼ”『おげんさん』の仕掛け明かす「別の場所にいる」

星野源、リモート版“ほぼ”『おげんさん』の仕掛け明かす「別の場所にいる」

 シンガー・ソングライターで俳優の星野源が、19日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)にリモート生出演。冠音楽番組『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』が、25日(後10:45~11:14)にNHK総合で放送されることが急きょ決定したことを受け、特番が立ち上がった経緯、収録の様子などを語った。



【まとめ】星野源「うちで踊ろう」 アーティストや俳優、芸人まで…続々広がるコラボの輪



 星野は「実は先日、収録をしまして、本当に楽しかった」と充実感をにじませながら「外出自粛になって、やりたいなと思うことがいろいろあって。みなさんが目先の楽しみみたいなのを持ってくれるかなと。ちょっと先の楽しみがすごく大事だと思うんです。1個1個の幸せや楽しみを命綱にしていると思う」と熱弁。



 続けて「今回はマペットです。家族分のマペットはできていて。みんなそれぞれ、別の場所にいるっていうことにしたいなと。それぞれ、別の場所にいるという設定にさせていただきました」と仕掛けを説明。「演じる方々が近くにいると意味がないわけだから、別の場所でやれるようにしております。どこにいるかは、お楽しみに」と呼びかけていた。



 星野が「おげんさん」に扮し、東京・渋谷のおげんさんの家から豪華メンバーとともに届けてきた音楽トーク番組。初回放送はツイッターの勢いが『NHK紅白歌合戦』以上と言われるほど盛り上がり、番組関連ツイート数が30万件。第2弾、第3弾では連続してツイッターのトレンド世界1位を獲得し、一昨年、昨年と2年連続で紅白にファミリーで出演するなど、音楽の楽しさを届けてきた。



 今回は、リモート収録に初挑戦。いつものゆるさは健在なのか? おげんさん、お父さん(高畑充希)、長女(藤井隆)、司会進行のねずみ(宮野真守)に加え、あのゲストファミリーも? そして、タイトルの『“(ほぼ)”いっしょ』は何を意味するのか――。



 『星野源ANN』は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ