おこもり中に!LINEで見極める意中の相手の好意4選

おこもり中に!LINEで見極める意中の相手の好意4選

みんなが自粛中の今だからこそ、見抜ける愛情がそこにはあるかもしれません。


会えないなか、「彼となかなか距離を縮められなくて不安」と思う人も多いでしょう。しかし、彼がくれる文面にはあなたへの愛が溢れていることも……。


おこもり中の今だからこそ見抜くことができる、LINEで見抜く彼のアプローチをチェックしてみましょう。



可愛らしいスタンプが送られてくる


「好きな人に不安になってほしくて、わざと女の子が使いそうなLINEスタンプを送ったりしちゃう。女子っぽいけど、“それ可愛い”とか言われると話のきっかけにもなると思うから。男が送らないようなスタンプを送ってきたら、親しみやすさのアピールで好意の印かもしれませんよ」(Sさん・29歳男性)


可愛いスタンプが彼から送られてきて「もしかして彼女いるの?」と不安に思うこともあるかもしれません。


しかし、男性はわざと話題作りのために女性が喜びそうなスタンプを購入している可能性もあるのです。


一人で不安にならないで「それ可愛いね!」とセンスを褒めてあげるといいかもしれませんね。


LINEに即レスしてくれる


「好きな子のLINEならすぐ既読にしちゃいますね。まどろっこしい駆け引きとかできないのが男なので、あえて返信を寝かせるようなこともしません。未読無視とかもってのほか。ただ、テレワーク中で思うように返信できないときもあります。そういうときは夜に、ていねいな文章を送ることを心がけています」(Wさん・31歳男性)


テレワークなことをさりげなく話してくれたら「LINEしてもいい?」と、アプローチをかけてみるといいですね。


LINEに即レスしてくれるのは、あなたからのLINEを心待ちにしているからかもしれません。


暇な時間などをあらかじめ聞いておくと、彼とコミュニケーションもとりやすいでしょう。


写真が送られてくる


写真が送られてくる


「デートしたりして距離を縮めるのが辛い時期なので、美味しかった食べ物とか夕暮れの綺麗な写真とかを一言で送っちゃいます。これみよがしにタイムラインを更新したりとか、かまってほしくて存在をアピールしちゃうんです」(Iさん・33歳男性)


写真が送られてくると、反応に困るのは事実ですよね。


自粛中で話題に困った彼の苦し紛れの作戦なのかもしれません。その写真の素直な感想と、次を期待できるような言葉を投げかけられるといいですね。


例えば、綺麗な夕暮れの写真なら「今度は海の近くで夕焼けを見たい」……などデートになりそうな前向きな言葉をかけられるといいですね。


グループLINEに呼ばれる


「好きな子と個別にLINEするのは、変な雰囲気にならないのか心配で……。つい、仲良しな自分のグループに誘っちゃいます。グループLINEなら、誰かしら話すし、オンライン飲み会も誘いやすいかなって思うんです」(Uさん・27歳男性)


グループLINEに招待されると、「個人で話す気がないのかな」と不安に思ってしまいがちですよね。


実は、女性とのLINEに不慣れな男性もいるのです。グループLINEに呼ばれたら、それこそチャンス。みんながトーク中に、さりげなくメンションを送るのもポイントが高いでしょう。


特別扱い作戦で、彼のハートをさらに鷲掴みにできるといいですね。


おこもりをチャンスに!


おこもり中だからこそ、会えないのはみんな同じ。


片思い中でも、彼氏がいる人も他にライバルがいないのは、幸運。


おこもりをチャンスと捉えて、相手のさりげないアプローチに気づくことができるといいですね。


(東城ゆず/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ