ゆうたろう、コラム執筆初挑戦 音楽愛をさく裂「僕の思い出の一部分」

ゆうたろう、コラム執筆初挑戦 音楽愛をさく裂「僕の思い出の一部分」

 モデルのゆうたろう(21)が、22日発売の『小説新潮6月号』でコラム執筆に初挑戦。「あの日聞いた音楽」をテーマに、10代だった頃の自身が初めて手にしたアルバムとそれにまつわる思い出をつづっている。



【画像】加藤シゲアキの連載も掲載『小説新潮6月号』表紙



 ゆうたろうは、2016年にショップ店員から“可愛すぎる美少年”モデルとしてデビュー。さらに、フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』、Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』に出演。初夏配信のFODドラマ『シックスティーン症候群』にも出演を予定しているなど、俳優としての人気が沸騰している。



 コラムでは、ゆうたろうの知られざる音楽愛がさく裂。バイトの初任給片手にアルバムを買いに行って「部屋真っ暗にして羽毛布団を頭から被って、お気に入りのカナル型イヤホンつけてコンポ擦り切れるくらいこのアルバムを聞いて聴いて聴きまくった」(本文より)との記述もあり、これまでとは違った一面ものぞかせている。



 今回のコラム執筆にあたって、ゆうたろうは「初コラムという事で、いろいろ悩みながら考えながらも無事書き終えたのですが、今思えば僕らしいコラムが書けたのかと思います。それに、改めて正しい日本語を勉強したいと感じました。僕の思い出の一部分をぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです」と呼びかけている。
カテゴリ