千鳥&『脱力タイムズ』チームによる完全新作バラエティー ジャニーズWEST濱田崇裕がコウメ太夫とコラボネタ

千鳥&『脱力タイムズ』チームによる完全新作バラエティー ジャニーズWEST濱田崇裕がコウメ太夫とコラボネタ

 お笑いコンビの千鳥がMCを務め、バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)の制作チームによるフジテレビ系新作バラエティー『千鳥のクセがスゴいネタGP』が30日に放送される(後7:00)。



【番組カット】脱力タイムズチームとタッグを組んだ千鳥



 番組では今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露。秋山竜次(ロバート)、飯尾和樹(ずん)、上田航平(ゾフィー)、エミリン、COWCOW、狩野英孝、かまいたち、ガリベンズ矢野、くっきー!(野性爆弾)、コウメ太夫、小島よしお、後藤拓実(四千頭身)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、3時のヒロイン、じろう(シソンヌ)、せいや(霜降り明星)、粗品(霜降り明星)、高岸宏行(ティモンディ)、チョコレートプラネット、都留拓也(ラパルフェ)、とにかく明るい安村、どぶろっく、どみちゅん、友近、中岡創一(ロッチ)、中川家、ねんねん(ひよしなかよし)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、ハナコ、原口あきまさ、ハリウッドザコシショウ、広音、ぺこぱ、ホリ、丸山礼、Mr.シャチホコ、ミラクルひかる、望月隆寛(ダニエルズ)、ゆりやんレトリィバァ、りんごちゃん、ワタリ119が出演する。



 そのほか、鈴木福、中村俊介、濱田崇裕(ジャニーズWEST)も特別出演。鈴木は、くっきー!、中村は丸山と、濵田はコウメとそれぞれコラボネタを行う。自粛生活が続く中、フジテレビが強い覚悟をもって大きく振り切った完全新作バラエティーの収録を終えて、千鳥の2人がコメントを寄せた。



――収録は、いかがでしたか?



ノブ「とにかく楽しかったですね。芸人も、“STAY HOME”期間中にたくさんネタを考えられましたから、それが良い形で出たと思います。僕自身、見たことのないネタばかりで、“新ネタ祭り”という感じで本当に楽しめました」

大悟「ライブでネタを作ってもテレビで流せるのはごく一部なので、普段テレビではやらないネタを多く見ることができて良かったです」



――ゴールデンタイムで放送するには、粗すぎるネタもありましたが?



ノブ「今のテレビにはいろいろな制限がありますが、だからこそ一番シンプルな形に戻ってきたように感じました。シンプルだからこそ面白くて、是非レギュラーでやっていきたいと思いました。もちろん、めちゃくちゃ深夜ですけど(笑)。この番組を、ゴールデンのレギュラーで放送できるようになれば、本当に幸せです(笑)。今回とりあえず1回やってみましたけど、視聴率は目をつぶって見ないようにします(笑)。ただ、若い子たちの反応はすごく良いと思います」

大悟「『M-1グランプリ』や『キングオブコント』を見て、手を挙げるのをやめようかなと思っている芸人が手を挙げやすくなると思います(笑)。こういうネタこそ、舞台の袖で芸人が一番笑っているネタなので、すごく良い番組だと思います」



――印象に残っているネタは?



ノブ「どのネタも面白かったんですけど、野田クリスタルのネタですかね。このネタが、フジテレビの考査を通ったんですから、良い時代になってきましたね(笑)。ある種、“ここまで、やってもいいんだ”という、この番組の指針を示してくれましたね(笑)」

大悟「こういうネタが得意な芸人がたくさん出てくれましたが、かまいたちが、きっちりしたネタのイメージがある中でこういうネタもあるんだと見せてくれたのが良かったですね」



――中村俊介さん、濵田崇裕さん、鈴木福さんなど、芸人さん以外の方が参加されたコラボネタもありましたが?



ノブ「コラボネタの場合、大抵、芸人ではない方をメーンに持ってくるんですけど、この番組の場合は、俳優さんたちの無駄遣いが甚だしいですね(笑)。テレビで福くんの無駄遣いを初めて見ました(笑)。こういう形なら、俳優さんとコラボしたいという芸人がたくさんいると思うので、楽しみにしてほしいです」

大悟「芸人ありきでのネタですごく良かったと思いますが、芸人ありきにも俳優さんありきにもなっていなかったのが、コウメ太夫と濵田さんのネタでしたね(笑)。あまりに実験的でした(笑)」



――番組を楽しみにされている視聴者の方々へのメッセージ



ノブ「フジテレビさんが、本当に大勝負を仕掛けました(笑)。この番組をゴールデンで放送するのは、本当にすごいことだと思いますし、そんなフジテレビさんが大好きです(笑)。思いっきりフルスイングしたバラエティー番組になっていますので、フジテレビさんの覚悟やバラエティー根性をぜひ見て下さい(笑)」

大悟「みんな、ライト前ヒットよりフルスイングでのホームランが見たいんだと思います。この番組では、豪快なホームランからフルスイングの空振りまで幅広いネタが楽しめます。二塁打はありませんが(笑)、ぜひお楽しみに」
カテゴリ