どうしたらいい?「男友達」を好きになったときの対処法

どうしたらいい?「男友達」を好きになったときの対処法

“男友達”を好きになったときには、どういった行動を取ればいいのか、悩んでしまうことでしょう。


恋人になれるように、自然に友達以上の関係性を築いていくことが重要なポイントです。


そこで今回は、“男友達”を好きになったときの対処法を紹介します。



いきなり攻めない


昨日まで普通に友達だった女性からいきなり告白をされても、困惑してしまうというのが男性の本音でしょう。


やはり男と女としての距離感を縮めてからではないと、なかなかうまくもいかないはず。


急に一気に攻めるのではなく、友達から友達以上になって、恋人へと発展させるのがベストです。


会う回数を増やしたり、好意を示したりして、お互いに友達以上の意識が高まっていけば、男性のほうから思いを告げてくれることだってあるかもしれませんよ。


2人きりの時間を増やす


仲のいい友達グループでいつも行動をしているだけでは、それ以上の関係にはなれないでしょう。


なんとかして、2人きりで話す時間や2人きりで会う機会を増やすようにすると、特別感が増していくものです。


まずは、相談を持ちかけたり、共通の趣味を持ったりするのが、自然に2人きりの時間を持てるきっかけになりやすいかも。


「今度は2人きりで飲みたいな」なんて言うことができたら、男性をドキッとさせる効果もかなり高いですよ。


“良き理解者”になる


「俺のことをわかってくれている」と感じる女性のことは、他の女性たちとは違う特別な存在として男性は認識するもの。


そうなったら、ただの友達以上の女性としても意識し始めるはずです。


男性の置かれている状況を考えて接したり、最後まできちんと話を聞いたり、困っているときにはさりげなくフォローをしたり…。


自然にそんな行動が取れると、「この子とはずっと一緒にいたい」と男性も思ってくれることでしょう。


最終的には告白をする


友達のままの関係性では我慢できないのであれば、最終的には告白をするしかありません。


ただ、いい雰囲気などに全くなっていない、普通の友達の状態から告白をしても成功率は低いでしょうから、できるだけ下地は作っておきましょう。


そのうえで、男性からの告白の気配が見られない場合には、あなたのほうから思いを告げるのもひとつの方法。


友情にヒビが入ることになる可能性もあることを覚悟して、それでも気持ちが抑えられないときには、モヤモヤを抱え続けるよりも思い切って告白をしたほうがいいかもしれませんよ。


おわりに


友達のことを本気で好きになったのであれば、「恋人になりたい」と感じるのは当然のこと。


少しずつでいいので、友情以上の好意を示していけば、男性もあなたのことを意識し始めてくれるはずですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ