【麒麟がくる】土田御前・檀れい、修羅場で呼吸困難に「この親子もうダメだなと思えるように演じた」

【麒麟がくる】土田御前・檀れい、修羅場で呼吸困難に「この親子もうダメだなと思えるように演じた」

 NHK・大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第19回「信長を暗殺せよ」が、24日に放送された。前回、織田信長(染谷将太)が弟・信勝(木村了)を死に追いやり、それを知った母親の土田御前(檀れい)が信長を責め、捨て去るやり取りが描かれた。



【写真】母上が触れてくれて、ちょっとうれしかったの!?



 ドラマでは過去の話として語られるだけだったが、信勝は以前にも信長に反旗を翻して戦を起こしたことがあり(稲生の戦い)、敗れた信勝を母・土田御前が命乞いしたことがあった。それ程までに、土田御前は信勝ばかりかわいがって、信長のことを毛嫌いしていた。今回も、信長に“飲んだら死ぬ”水を持参したは信勝だった。



 土田御前が息絶えた信勝の頬に触れ、泣きすがるシーンについて、檀は「絶命した信勝を目にしたときは、何が起こったのか頭の中で理解できませんでした。戦国の世に生きる母としては血縁者同士で争うことも常である時代だからこそ、突然自分の子どもを失うかもしれない不安が付きまとっていましたが、信勝の姿を目にしたときはただただ涙が止まりませんでした」と、土田御前になりきっていたという。



 「大切にしていた信勝を失った悲しみで、本番のときに自分自身、胸が苦しく途中で呼吸ができなくなるほど、つらいシーンになりました。呼吸困難になるのは自分の中では計算外でしたが、それほど土田御前として、信勝を心の拠り所にしていたし、大事に育ててきたので、自分の半身を失ったかのような苦しみを感じました」と明かしており、呼吸困難になるとは余程のことだ。



 その後、土田御前は信長のもとへ行き、「そなたは酷い。何をよすがに生きていけばよいのか」と容赦なく責める。「私の大切なものを壊し、私を傷つけた。そなたが側にいるだけで私の心は穏やかではなかった」と。それを癒やしてくれていたのが信勝で「また、私の大切なものを壊した」と、怒りをぶつける。



 土田御前が信長に掴みかかったシーンで両頬に触れたのは、檀から提案したことだという。「信長も自分の子ですが、弟をも殺してしまうような異質な存在である信長を産んだのは自分だということを土田御前として認識したかったんです。愛おしく思っている信勝に触れるのと、怒りや憎しみ、悲しみで信長に触れるのとで違いが出せたらと思いました。怒りや悲しみをぶつけるだけでなく、触れることによってこの親子の複雑さ、土田御前として何故こんな子が生まれてきてしまったのか、何故ちゃんと信勝のように育てることができなかったのかという思いが出せればいいなと」。



 「弟だけでなく、この母も殺した」と泣き崩れる土田御前。檀は「このシーンが土田御前と信長の決定的な絶縁のシーンでもあるので、見ている方にはこの親子もうダメだなと思っていただけるように演じました」と振り返っている。



 子どもの頃から自分のことを遠ざけようとしてばかりしていた母親。母親の気を引きたくて、喜ばせようとすればするほど、裏目に出てきたことを痛感させられ、ついに捨て去られてしまった信長。



 番組公式ツイッターでは、「弟を殺したあとなのに、母上の姿を見て、やっと自分のところに来てくれたとちょっと喜んでしまう。そこが信長の怖いところであり、ピュアな部分でもあります。そして、母上に顔を触ってもらい、同時に捨てられる。これは、今後の信長に多大な影響を与えるはずです」と、染谷のコメントを紹介している。
カテゴリ