アニメ『ダイの大冒険』キャスト一新 種崎敦美、豊永利行、小松未可子ら6人発表

アニメ『ダイの大冒険』キャスト一新 種崎敦美、豊永利行、小松未可子ら6人発表

 アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のプロジェクト発表会が27日、YouTube「Vジャンプチャンネル」でライブ配信され、新情報が発表された。キャスト情報が公開され、主人公・ダイ役を種崎敦美、ポップ役を豊永利行、マァム役を小松未可子、レオナ役を早見沙織、アバン役を櫻井孝宏、ヒュンケル役を梶裕貴が担当。28年前のテレビアニメ版からメインキャストを一新した。テレビアニメとしてテレビ東京系で、10月より放送される。



【画像】ダイの勇姿が再び!公開されたアニメの先行場面カット



 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。



 同誌の歴代最大発行部数653万部を突破した1995年新年3・4号合併号に『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『ジョジョの奇妙な冒険』らとともに掲載されており、ジャンプ金期を支えた作品のひとつで、単行本の累計発行部数は4700万部を突破している。



 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観・設定を基にしたゲーム作品シリーズと繋がりのない完全オリジナルの世界観で、『ドラクエ』シリーズの生みの親・堀井雄二氏が漫画の監修を担当。テレビアニメがTBSにて91年10月から92年9月まで放送され、原作漫画同様の激しいアクションシーンが人気を博し、91年、92年(3月、7月)に映画化されている。



 昨年12月、2020年秋に完全新作でアニメ化されることを発表。92年9月まで放送されたテレビ版以来、約28年ぶりのアニメ化で、CGとアニメ作画のハイブリッドで表現し、東映アニメーションが制作することが決まっている。



 過去のアニメ版の出演キャストはダイ役を藤田淑子さん(18年に死去)、ポップ役を難波圭一、ヒュンケル役を堀秀行、マァム役を冨永み~な、レオナ役を久川綾、アバン役を田中秀幸が担当していた。



 キャストコメントは以下の通り。



■種崎敦美(ダイ役)

子供の頃に見ていた、あの頃の「ダイの大冒険」がこれでもかというほど自分の中にはあふれているので、その作品への熱い気持ちを胸に、新しい「ダイの大冒険」を作っていけたらと思います。初めてこの作品に触れる方にも、あの頃同じ気持ちで触れていた方にも楽しんでいただけるよう、全力で頑張ります。



■豊永利行(ポップ役)

ダイ、ダイ、ダイスキな、ダイの大冒険に…。しかもまさか、ポップを演じさせていただける日が来るとは、思ってもいませんでした。10代の頃、何周も読み耽っていた自分に教えてあげたいです。「お前将来、ポップ演るよ」って。おそらく「げええええ!」と言いながら両鼻から鼻水を垂らすことでしょう。カッコつかないところも、小心者なところも、やる時ゃやるところも、精一杯演じさせていただきます!メドローアーーーー!!



■小松未可子(マァム役)

誰もが憧れた世界、誰もが勇気付けられたキャラクター達、誰もが感情を揺さぶられた物語。こんなにも、人生のバイブルとなり得るすべてが詰まった作品に携われてとても光栄な気持ちで一杯です。魂を込めて、マァムの生き様を声に刻みたいと思います!一視聴者としても、令和に再び彩られる「ダイの大冒険」を楽しみにしています!



■早見沙織(レオナ役)

多くの方々に愛される今作に携わることができる喜びを感じると同時に、緊張もしております。凛として芯があり時にお茶目なレオナさんを存分に楽しみながら、キャストスタッフの皆さまとともに大冒険に出るような気持ちで、精一杯アフレコに臨みたいと思います。ぜひ、放送をお楽しみに!



■櫻井孝宏(アバン役)

アバン役を務めさせていただきます櫻井孝宏です。考えの深さ、対人の距離感がとても大人で、「能ある鷹は爪を隠す」の代名詞のようなキャラクターです。強さの描き方を学んだ人物でした。私たちの世代には懐かしく、10代〜20代の皆さんは活劇の楽しさが味わえる作品だと思います。ダイたちと一緒に大冒険の旅へ出ましょう。



■梶裕貴(ヒュンケル役)

まさか、あの「ダイの大冒険」に自分が声優として…しかも、ヒュンケル役として関わらせていただけるとは…!誇張表現ではなく、夢でも見ているような気分です。本当に幸せです。子供の頃、胸をときめかせながらマンガを読み、夢中になってキャラクターのマネをしていました。もしかすると、そのなかの「鎧化(アムド )!」が、オーディションに生かされたのかもしれません。 笑 責任と誇りを持って演じさせていただきます。放送をお楽しみに!!
カテゴリ