内藤剛志の誕生日、一課長ファミリー総勢11人が自撮り動画で祝福

内藤剛志の誕生日、一課長ファミリー総勢11人が自撮り動画で祝福

 テレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』(毎週木曜 後8:00~8:54)に主演する内藤剛志が27日、65歳の誕生日を迎えた。レギュラーキャストと主題歌を手がける男女2人組ロックユニット・GLIM SPANKYの総勢11人が祝福の“自撮り動画”を寄せ、その動画を「#内藤剛志生誕祭」としてテレ朝公式YouTubeチャンネルと番組公式ツイッターで公開したところ、『一課長』ファンからもお祝いメッセージが多数届いた。



【動画】内藤剛志生誕祭



 自撮り動画プレゼントに参加したのは、斉藤由貴、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、陽月華、菊池隆志、塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子、金田明夫らレギュラーキャストと、GLIM SPANKYの松尾レミと亀本寛貴の計11人。



 斉藤は「内藤さんという、強くてカッコよくてオモロイおっちゃんを生んでくれた素敵なお母さんに感謝の気持ちでいっぱいです!」と、ほのぼのメッセージ。塙は「これからも10年、20年、30年、立てなくなるまでついていきますので、引っ張ってください!」と常にエネルギッシュな内藤へのリスペクトを語り、床嶋は「内藤さんと出会えたことは役者人生において大切な宝物だと思っています」と感謝の言葉を。



 そして40年来の友人でもある金田は“たかしくん”のネームプレートを飾ったバースデーケーキを手に「♪お誕生日おめでとう~ ♪剛志く~ん」と歌い上げた後、「きょうは剛志くんになり代わって私がコレを食べさせていただきます。これからもよろしくね」とケーキをパクっと口に入れ、お茶目に祝福した。



 このほか、普段からスタミナのつく食事を心がけ、金田、塙との“オフトーク動画”でも「お肉食べたい~!」と発言していた内藤に、キャスト&スタッフから高級牛肉と、ドラマのイメージカラーであるイエローを基調とした花束も届けられた。



 仲間たちから自撮り動画集を受け取った内藤は、「みんなの気持ちがダイレクトに伝わってきたので、こんなふうにつながる方法があるんだなと感じましたし、距離は離れているのに逆にとても近くなれた気がして、本当にありがたく思いました」と感激。



 ファンからSNSに届いたメッセージにも「みなさんからいただいたエネルギーはすべて新作の撮影に投入したいと思います!」と感謝するとともに、「スタッフ、キャスト全員、“転んでもただでは起きないぞ”という精神で、ピンチをチャンスに変えて頑張っていきますので新作に期待してください!」と、今後の撮影再開に向けて決意を新たにしていた。



 新型コロナウイルスの感染拡大により撮影スケジュールに変更が生じているため、きょう28日はテレワーク版ミニドラマをプラスした『season3』(2018年)第6話を放送。



 テレワーク中の警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤)のもとに、小山田大介管理官(金田)から電話が入った。何やら「”ピンク色”の人影がおっとり刀で逃げた…」などと事件の状況を報告しているようだったが、雑音混じりでよく聞き取ることができず、ビデオ通話に切り替えてみても、小山田からの音声は途切れ途切れでさらにわかりづらい状況に…。



 かつて、ピンク色にまつわる事件があったことを思い出した運転担当刑事・奥野親道(塙)は、その捜査記録(2018年放送『season3』第6話)を振り返ってみることを大岩に進言する。”ピンク色がつなぐ2つの事件”の謎を、大岩たちがテレワークで解いていく。今夜も一課長の大号令の下、みんなで「ホシをあげる」!



■#内藤剛志生誕祭、“おめコメ”動画の感想



 まずは、(斉藤)由貴ちゃんが僕のおふくろへの感謝を口にしてくれたことが、とてもうれしかったですね! 本田(博太郎)さんからも、力強いメッセージをいただきました。僕、本田さんの書く“字”が大好きなんです!



 矢野浩二さんは独特の雰囲気を持っている俳優さんで、それは日本と中国、両方の文化が彼の中に息づいているからこそ。素晴らしい中国語のメッセージをありがとう! 鈴木裕樹くんは僕のことを“芸能界のお父さん”と言ってくれて、とてもうれしかったですね。僕自身も彼を息子のように見ていたので…これからも親父のつもりで頑張りたいと思います。



 陽月華さんは、さすが宝塚出身! 動画もショーアップしてくれて、その温かい気持ちがうれしかったですね。菊池隆志さんはとてもシャイな方で、彼の真面目さと不器用さがこのドラマの空気につながっていると思っています。彼らしいコメントにジーンときました。



 塙さんは、僕が肉ばかり食べているのをマネしたら口のまわりにブツブツができたとおっしゃっていましたが、それは僕もできます(笑)。みなさん、やっぱり野菜もきちんと食べましょう(笑)!



 トコちゃん(=床嶋佳子)は彼女がバレエ界から女優に転身したころからのつきあいで、初共演作では僕、彼女を拉致する犯人の役だったんです(笑)。ドラマ上ではありますが、信頼できる奥さんとしてこれからも支えていただけたらと思っています。



 (金田)明夫ちゃんの動画は…やっぱり演劇人だなぁと思いました。短い中にも、ひとつのストーリーを作って楽しませようとする気遣いが明夫ちゃんらしい。40年来の仲なので、これからも一緒に走れるところまで走りたいですね!



 GLIM SPANKY・亀本寛貴くんからのメッセージは、このドラマを「かっけー!」って見てくれている感じが伝わってきて、すごくうれしかったですね。そして、松尾レミちゃんの歌声、心に響きました! 彼女から個人的にバースデーソングを歌ってもらえる人はそんなにはいないだろうから、ファンのみなさん、うらやましいでしょう~(笑)! 

カテゴリ