“腸活”が話題の加治ひとみ、グラビアでも注目の美ボディ“かぢヒップ”の作り方

“腸活”が話題の加治ひとみ、グラビアでも注目の美ボディ“かぢヒップ”の作り方

 “かぢボディ”“かぢヒップ”などと形容されトレーニングで鍛え上げた美ボディと腸を綺麗に元気にする腸活が注目されている加治ひとみ。28歳でアーティストデビューの夢を掴んだものの、1年で契約解除にまで追い込まれた時期もあった。苦難の時期を乗り越え、雑誌のモデルやグラビアでも活躍する彼女に、紆余曲折経た現在までの道のりと美ボディの作り方を聞いた。



【写真】背中からお尻のラインが自慢の“かぢボディ”を大胆披露した加治ひとみ



◆事務職から28歳でアーティストデビューも契約解除ギリギリの状況に



――いつ頃からアーティストになりたいと思っていたのでしょうか?



【加治ひとみ】 祖母がスナックを経営していた影響で子どもの頃から歌うことが好きでした。毎日日記を書いていたのですが、そういった自分の日常や恋愛などを作品にして歌いたいと思うようになり、アーティストを目指すようになりました。オーデションは年齢的にも最後のチャンスと思っていたので、自分の名前を呼ばれた時は本当に嬉しかったです!!



――28歳と遅咲きですが、デビュー前はどのようなお仕事をしていたのでしょうか?



【加治ひとみ】 実家の手伝いで少しの間、事務をやっていました。それとユニットを結成して音楽活動もしていましたが、その時は目立った活動もなくデビューはできなかったです。



――ようやく手にしたデビュー後の状況はどうでしたか?



【加治ひとみ】 オーデションに受かってからデビューまでの1年間は楽曲制作やレコーディング、ミュージックビデオ制作とデビューに向けて充実した日々でした。そしてようやくデビューできたのですが、現実は厳しくCDがぜんぜん売れず、お仕事もなく、このままでいいのかな…と責任が重くのしかかっていました。



――仕事が増える兆しもなく1年で契約解除にまで追い込まれたとのことですが、デビューという夢を掴んだものの、その先の大きな壁にぶつかりどのようなことを感じましたか?



【加治ひとみ】 「デビューしたら売れる」のはひと握りであり、現実は厳しいということを実感しました。そして、経験や自分に足りないこともたくさんあると思いました。そのうち、いろいろなマイナスな声も周囲から聞こえてきて…それでも「自分にできることをとにかくがんばろう!」と思い日々過ごしていました。もちろん、CDが売れないのでアーティスト活動も止まってしまい…契約解除ギリギリの状況だと聞いた時は、正直頭が真っ白になりどうしていいかわからなかったです。ただ「絶対にあきらめたくない!」という強い思いがありました。



◆マイナスからの再スタート、現在のマネジャーとの出会いが転機に



――現在のマネジャーと出会い転機が訪れたとのことですが、きっかけとなった出来事は?



【加治ひとみ】 悩んでた時期に、ブランドのイベントに誘ってくれたことが、今のマネージャーさんとの出会いでした。イベントの後、女子会ノリでカフェで話をして(笑)。私が置かれている状況について話をした時に、思わず「夢って叶わないんですかね…」と弱音を言ってしまって…。その時にマネージャーさんが「そんなことないよ! 頑張れば絶対に夢は叶うよ!」と言ってくれました。それと同時に、「夢を叶えるのはそんなに甘くない。気合いと努力が必要で、夢を叶えるまでの道のりが大切なんだよ」と話してくれました。いろいろと話をして心が軽くなったことを覚えています。



――マネージャーさんからたくさんのことを得て学んだんですね。



【加治ひとみ】 その日はそのままお別れしたのですが、しばらく経って今のマネージャーさんが私を担当することになりました。後で聞いたのですが、私の担当をするために、毎日お願いをして説得してくれていたそうです。担当後は、私のことを知るためにと、目標や今後のやりたいことなどについて毎日5時間くらい話をしました。その結果、「飾らないありのままを出していきたい! 海が似合うヘルシーでセクシーさをコンセプトにして行きましょう」とのことでした。「私のボディやトレーニングなど、多くの人に知ってもらい女性の憧れになって欲しい」とも言われました。



――新たなスタートを切り、マネージャーさんとの二人三脚の日々はいかがでしたか?



【加治ひとみ】 仕事もなくマイナスからのスタートだったので、私も一緒にマネージャーさんと営業に行きました。そこからお仕事が増えていったのですが、「1回1回の仕事で人生が変わると思って全力でやりなさい」と怒られたり、「支えてくれる周りのスタッフや応援してくれる人を大切にし、感謝しなさい」とも教えられました。

とにかく毎日全力で走り続けました。



――地道な努力の結果、雑誌をはじめ、バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では“腸活モデル”の1日密着が放送されるなど、大きな反響を得ていますね。



【加治ひとみ】 2年前はバラエティ番組で注目してもらえるとは、想像もしていなかったです。昔から毎日やってきた“腸活”がこんなにも反響があって嬉しいです! 今のマネージャーさんとの出会いやマイナスからの再スタートなど、二人三脚でやってきたたことが番組を通して伝えることができて良かったなと思っています。



――アーティストとしてデビューしたのにグラビアでの活動に最初は抵抗ありましたか?



【加治ひとみ】 再スタートの時に、「自分自身の限界を決めずに頑張りたい!」と思っていたので抵抗はなかったです。マネージャーさんに「かぢちゃんのボディは、綺麗だからもっと世に広めてたくさんの人に見てほしい!」と言ってくれたので、自然と頑張れました。



◆仕事が楽しい今が青春時代、トレーニングで得たポジティブマインド



――腸活などヘルシーで健康的な生活が注目されていますが、“腸活”とは、具体的にどのようなことをしているのでしょうか?



【加治ひとみ】 腸が綺麗になると、身体やお肌も綺麗になる。例えば、「起きたら白湯を15分くらいかけてゆっくり飲む」「野菜やフルーツのスムージーやジュースを飲む」「りんごを皮ごと丸かじりする」「腸ストレッチをして腸を活発にする」「お風呂に浸かって体や腸を温める」「夜ストレッチする」「腸に良いご飯を食べる」など、腸に良いことをして、お通じを良くします。



――8年間続けているフィットネスですが、体を鍛えようと思ったきっかけは?



【加治ひとみ】 実は身体ではなく、心を鍛えようと思ったことがきっかけでした。当時、心が弱かったので強くなりたいと思いはじめました。見た目はもちろんですが、メンタルもポジティブになれて、生活そのものが充実します。



―― 一番好きなところは?



【加治ひとみ】 背中からお尻のラインです。



――新型コロナウイルス感染拡大で、外出自粛の生活を送るなか、家でもできるトレーニングや体型を維持するための方法などについて教えてください。



【加治ひとみ】 毎日お風呂上りにストレッチをしたり、ゴムベルトを使ってヒップや二の腕を鍛えています。食事は、「おうち時間」を利用して自炊をするのもいいと思います。そのほか、朝起きて青汁や白湯を飲んだり、体型と向き合うために体のラインが出る洋服を着てボディラインをチェックをしるのも良いですね。それと、腸活はお家で簡単にできるのでオススメです。



――現在32歳ですが、結婚、出産なども考えるようになったと思います。仕事以外での人生設計はありますか?



【加治ひとみ】 今は仕事が楽しくて、もちろんタイミングが合えばいつかは結婚したいですね。仕事はもちろん毎日楽しいことばかりではないのですが、そこも含めて、今が青春時代です(笑)。



――雑誌のグラビアやバラエティ番組への出演など、活躍の場を広げていますが、今後挑戦したいことは?



【加治ひとみ】 もちろんアーティスト活動を続けていきたいです。それと、ドラマや映画など女優のお仕事も挑戦してみたいです。演技をすることで表現者としてもっと活躍できるようになりたいです。
カテゴリ