WEST桐山&ノブコブ吉村MCの歌ネタ番組が特別編で復活 SNSで話題集めた“MASAKI”とは?

WEST桐山&ノブコブ吉村MCの歌ネタ番組が特別編で復活 SNSで話題集めた“MASAKI”とは?

 人気グループ・ジャニーズWESTの桐山照史と、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇がMCを務める30日放送のTBS系バラエティー『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル特別編』(後2:00※一部地域を除く)。4月の放送では公開されなかった新ネタを加え、特別編として復活する。



【写真】テレビ初出演の「MASAKI」はあの人気俳優への思いを歌う



 同番組は、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW。第7世代芸人を筆頭に旬の人気芸人たちが、ターンテーブルを模した巨大回転ステージ上でさまざまな「笑える新曲」を披露。



 歌の半分の時点で、Zeebra率いる5人の豪華ゲスト審査員が「もっと聞いていたいか」を判定し、5人中3人以上がもっと聞きたいと判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし3人に届かなかった場合は、せっかく作ってきた曲もそこで強制終了。全員が完奏を目指してチャレンジするという企画だ。



 ロバート・秋山竜次は圧巻のオリジナルソングを、多くの歌ネタを持つ阿佐ヶ谷姉妹はコーラスを引き連れ、昨年大ヒットしたKing Gnuの「白日」にのせた1曲を熱唱。ほかにも審査員の麒麟・川島明から「一生見られます」と絶賛されたプラス・マイナスや、ピンで歌ネタ披露が初めてとなるかまいたちの山内健司、意外な曲を披露したナイツの塙宣之など、強烈なキャラクターを持つ芸人たちが登場。



 4月の放送時には、深夜にも関わらずSNS上でトレンド入りするなど話題を集めた同番組。そのなかでも、注目されたのはある超人気俳優への思いを歌った、テレビ初出演の「MASAKI」。スタジオもざわつかせた彼は一体何者なのか…。そんな新たなスター誕生も予感もありながら、若手からベテランまでが本気の歌ネタで勝負する。
カテゴリ