土屋太鳳の後れ髪に色香漂う艷やかな浴衣姿 広瀬すずの初アニメ化や大坂なおみ&伊藤ふたばらの美の饗宴【注目CM】

土屋太鳳の後れ髪に色香漂う艷やかな浴衣姿 広瀬すずの初アニメ化や大坂なおみ&伊藤ふたばらの美の饗宴【注目CM】

 注目のテレビCMを紹介する『CMまとめ2020年5月』。今回は、土屋太鳳の浴衣姿が可愛い『雪見だいふく』、広瀬すずがシュールにアニメ化された『マイティアCL』、大坂なおみ選手らトップアスリートたちによるド迫力の映像が楽しめる『アネッサ』、安藤サクラ、奈緒、箭内夢菜が仲良し三姉妹を演じる『象印マホービン』の4本をピックアップ。



【写真】「色気ありすぎ…」土屋太鳳の艶やかな浴衣姿や広瀬すずのアニメ化、新作CMを一挙公開



■土屋太鳳が後れ髪に色香漂う艷やかな浴衣姿を披露 歌謡曲熱唱も



 女優・土屋太鳳とロッテ『雪見だいふく』のキャラクター“雪見うさぎ”が共演するCMの最新作が発表された。今回は「和の涼み」をテーマにしたCM「雪見涼み作法」篇に加え、オリジナル歌謡曲を熱唱するミュージックビデオ「恋と雪見のお作法」篇が登場。それぞれで、黒髪を上品にまとめ、華やかな浴衣を艷やかに着こなした土屋の姿を堪能できる。



 舞台は、風鈴が鳴り響く夏の茶室。和菓子のようにお盆に置かれた『雪見だいふく』を前に正座をした“雪見うさぎ”と土屋が、おもちが柔らかく、もちもちになる『雪見だいふく』の食べごろを待っているというストーリーだ。こっそり食べ始めようとする“雪見うさぎ”と土屋のコミカルで可愛らしいやり取りや、土屋も思わず「CGではありません!(笑)」と言う見事な“おもちのばし”のシーンは必見。さらに、土屋の艷やかな浴衣姿と所作の美しさが光る映像からは、凛とした雰囲気と上品な色香も漂っている。



 一方、お笑い芸人のアナログタロウによる曲紹介からスタートするミュージックビデオでは、土屋が『雪見だいふく』の楽しみ方の作法を「恋」と重ね合わせたオリジナル歌謡曲で、見事な歌声やアドリブ振り付けなどを披露。動画を見た人からは「指先から綺麗な素晴らしい所作、透き通った歌声の歌謡曲、ビジュアルも最高」「太鳳ちゃんやっぱり歌が上手!!」といった声のほか、昭和の雰囲気が漂う味わい深い映像や音楽に「冗談みたいに古臭くて、良いセンス」といった声も寄せられていた。



 オリジナル歌謡曲について土屋は「歌謡曲ということで、歌詞と音の雰囲気が合っているんですよね。すごく音に乗りやすいし、気持ちも乗りやすかったので楽しかったです」とコメント。また、曲に関連した「恋をしたときは“待つ派”それとも“攻める派”?」という質問では「25歳になったので、真剣に考えさせていただくと…」と前置きした上で、「両方に挑戦できたらと思います。まずは『待つ派』でいて、攻める時には『攻める派』で、素敵な恋に臨んでいけたら」と話していた。



■可愛らしさと面白さが混在!? 広瀬すずがレトロ&シュールなアニメキャラに



 今年40周年を迎える千寿製薬の『マイティアCL』から、女優の広瀬すずを起用した「NewマイティアCLスタンダードシリーズ」の新CMが登場。人気イラストレーター・五月女ケイ子の手でレトロ&シュールなアニメーションになった広瀬の姿に、「すずちゃんの可愛さにCMを観るたびに癒されます」「五月女ケイ子先生のイラストは元気になる鮮やかさ」などの感想が寄せられた。



 「すずアニメ」篇と題された今作は、カフェでパソコン作業をしている実写の広瀬が、新発売の「NewマイティアCLクール Hi-s」を点眼した途端、アニメーションになって大空を飛び回るという異色もの。広瀬のキュートな笑顔や点眼するときの美しい横顔に加え、五月女ケイ子が劇画タッチで描くシュールな姿や、実写とアニメーションをスムーズに繋げる独特な演出も絶妙だ。広瀬も「撮影の時はどんな風になるのか想像がつかなかった」と話しており、完成したCMの出来栄えに「五月女ケイ子さんの世界観で描いていただけて嬉しかった」「すごく新鮮」と喜びをあらわにしていた。



 さらに今回、「ソフトでも♪ハードでも♪」でおなじみのCMソングの歌唱・アレンジに、持田香織、シンガー・ソングライターユニットのPlay.Goose(プレイ・グース)、16歳のトラックメイカー・SASUKEが参加。三者三様のCMソングが楽しめるとSNSでも盛り上がりをみせていた。



■大阪なおみ選手ら一流アスリートたちの躍動美にくぎ付け。羽根田卓也選手には俳優オファーも!?



 日焼け止めブランド『アネッサ』が、2018年よりブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー・大坂なおみ選手と、スポーツクライミングの伊藤ふたば選手、パラ陸上競技の重本沙絵選手、カヌースラロームの羽根田卓也選手ら、世界で活躍する4名のアスリートを起用した新CM「太陽の下で」篇を公開。息をのむほど美しいパフォーマンスの連続に「大阪選手のアネッサのCM素敵だな~。かっこいい!」「出演アスリートがみんな魅力的で、私もアネッサを塗って体を動かしたくなった」などの声が寄せられた。



 今作は、テニスコートや陸上トラックなど屋外のさまざまな環境で戦うトップアスリートたちと、その競技自体の魅力を捉えたもの。躍動する選手たちの美しいプレーシーンや真剣なまなざしを映したダイナミックな映像が、RIP SLYMEのDJ FUMIYAが制作したオリジナルCM楽曲に合わせて続々と登場する。ガラス板を使用したり、水面の下から見上げるように撮影した映像など、普段の試合ではなかなか見られない多彩なアングルで楽しめるのも魅力のひとつだ。



 撮影では、普段の試合や練習さながらの迫力や臨場感を狙うため、アスリートたちと話し合い丁寧に準備を進めたそう。約7.5メートルのリードウォールを何度も登っていく伊藤選手や、顔色ひとつ変えることなく淡々と走り続けた重本選手など、一流アスリートたちのパフォーマンスを間近で見たスタッフたちの驚きは大きかったようだ。また、羽根田選手が『アネッサ』を使用するシーンでは、役者顔負けの自然な演技を監督も絶賛し、思わず俳優への挑戦を薦めてしまうほどだったと語られていた。



■安藤サクラら個性豊かな俳優たちが共演! 和やかな食事風景に「ほっこりの極み」との声



 『象印マホービン』から、安藤サクラ、奈緒、箭内夢菜が三姉妹役で共演する新CM「象印姉妹」シリーズが登場。個性豊かな俳優陣が、食卓を囲みながら繰り広げる心温まる会話劇に「ほっこりの極み」「象印さんは、昔から良いCMつくるよねぇ~」「いいなぁこういう三姉妹」など絶賛の声が寄せられている。



 今シリーズは、両親の海外勤務をきっかけに3人暮らしを始めた姉妹たちの食事風景を通して、“特別ではない「きょう」をいとおしむ”“日々の暮らしに寄り添う”といった象印の思いを伝えようというもの。安藤が「料理が得意でしっかり者だが意外と天然な長女」、奈緒が「合理的にズバッと答えを出すのが得意な次女」、箭内が「上の2人それぞれの良いところをうまくマネする三女」を演じており、バックストーリーや人物像の細かな設定がリアルな世界観を生んでいる。



 また、通しのお芝居を複数のカメラで撮影することで、自然で豊かな映像に仕上げているのも本作の特徴のひとつ。その様子を映したメイキング映像には、アドリブが飛び交う和気あいあいとした撮影風景がたっぷり盛り込まれており、本当の三姉妹のような温かな関係性が3人のなかにあることが感じられた。



 今シリーズは、第1弾として公開された「炎舞炊き」篇、「ホットプレート」篇ほか、個性派俳優の滝藤賢一が叔父さんとして登場するWEBムービーなどを展開中。今後も季節ごとに続編が登場するので、三姉妹のストーリーがどう描かれていくかも注目だ。
カテゴリ