男性が思わず「好き!」と言ってしまいそうになる女子の言動

男性が思わず「好き!」と言ってしまいそうになる女子の言動

気になる男性がいるのに、なかなか告白までこぎつけなくてヤキモキすることもあるでしょう。


だからと言って、自分から告白をするのは勇気が出ないこともありますよね。


そこで今回は、女性のちょっとした言動を受けて、思わず告白をしてしまった男性たちのエピソードをご紹介します。



なんとなく脈アリアピールをされる


「よく2人きりでデートする子がいて、会話中に俺の事をやたらとほめてくれたり、カップルみたいにラブラブな会話で盛り上がったりしてて。そしたらなんとなく脈アリなのかな?って感じてきて、思わず告白したことがあります。脈アリな言動をされて、つい告白してたしかめてみたくなったんです」(30歳/IT系企業)


あなたが男性に対して脈アリな言動をすることで、男性は思わず本心を確かめてみたくなることもあります。いつもよりちょっぴり距離を縮めたり男性をほめたりして、脈アリオーラをアピールしてみてください♡


男性が「もしかして脈アリなのかな?」と感じたら、自信も倍増するはずなので、より告白モードが盛り上がるかもしれません!


恋愛トーク


「恋愛トークで盛り上がってるとき、俺のスイッチがオンになって思わず告白したことがあります。全然そんな気なかったのに、気づかないうちに惚れてたみたい~」(27歳/医療系)


気になる男性からの告白を待ちわびているなら、恋愛トークを持ち掛けて告白モードを加速させてみてください。お互いのタイプや今までの自分の恋愛傾向など、さまざまな恋愛に関するトークで盛り上がることで、男性が思わず告白したくなる雰囲気を作れることもあります。


さまざまな話題から、お互いをより深く知れるきっかけにもなるので、今まで何とも思っていなかった相手から好意を寄せられるきっかけになることも!ぜひ試してみてくださいね♡


悲しげな表情


「女の子から真剣に悩み相談を受けてたとき、ふとその子を見たら悲しげな顔してて、思わず告白しました。『俺が守ってあげるから大丈夫だよ。大好きだから」って。守ってあげたくなったんですよね」(32歳/アパレル企業)


女性の悲しげな表情は、「守ってあげたい!」という男心をくすぐるテクニックのひとつ。そんなか弱い一面を見せることで、男性が思わず告白したくなることもあるようです。


悩み相談ができるということは、信頼しているという気持ちの表れ。相談事などのちょっぴりディープな内容の会話を持ち掛けて、2人の距離を一気に縮めてみてください。


ちょっぴり工夫を凝らして告白を促そう!


男性がなかなか告白できずにいるのは、確信がもてずに足踏みしているからかもしれません。


そんな男性の背中を一押しするために、会話の内容や表情に一工夫凝らして、男性からの告白を促してみてください。ちょっとした工夫で、恋が大きく進展する可能性大ですよ♡


(愛カツ編集部)



カテゴリ